『仮ナンバー』と『赤枠ナンバー』…違いは何?

車両の販売、製造、陸送業など、特定の業者の間で使用されている『回送運行許可番号標』。別名を『ディーラーナンバー』といい、その見た目から通称『赤ナンバー』や『赤枠ナンバー』とも呼ばれています。

このディーラーナンバーとよく似た性質のものが、『仮ナンバー』です。こちらは正式名称を『自動車臨時運行許可証』といい、一般的に車検切れなどの際に使われています。このふたつは外見もよく似ており、『ディーラーナンバー』が白地を赤い枠がぐるりと囲っているのに対し、『仮ナンバー』は白地に赤い斜め線が入ったデザインとなっています。

では、『仮ナンバー』と『ディーラーナンバー』は、どう違うのでしょうか?

赤枠ナンバーと仮ナンバーの違い

まず、管轄です。

『仮ナンバー』は、全国の市九町村役場で借りることができます。

それに対し『ディーラーナンバー』を管轄しているのは全国にある運輸局や運輸支局で、使用には特殊な申請許可が必要です。また、許可を受けられるのは車両の販売、製造、陸送、それに分解整備業の業者に限られており、仮ナンバーのように誰でも取得できるわけではありません。

次に、使用目的です。

『仮ナンバー』の使用目的は、基本的に『車検切れの車を車検上に持っていくため』に限られています。申請の際は運行期間や目的、運行経路などを提示することが求められ、それ以外の用途に使用することはできません。また、仮ナンバーが使えるのは一回の貸し出しにつき一度きりです。

一方で、『ディーラーナンバー』の使用範囲は『業務に必要な車両の回送』のためと定められています。私的に使用したり他人に貸与するなど、業務に関係のないことに使うことはできませんが、運行経路などは限定されず、その用途は『仮ナンバー』よりはるかに広くなります。

ディーラーナンバーと仮ナンバーの有効期間の違い

最後に、有効期限です。

『仮ナンバー』の有効期限は、最長で5日間です。申請をできるのは使用日の前日は当日と決められており、期間が過ぎれば速やかに返却しなくてはなりません。もし返却をしなければ、道路運送車両法により、懲役や罰金の処罰を受ける可能性があります。

それに対し、『ディーラーナンバー』の有効期間は最長で5年間です。許可申請には少し手間と時間がかかりますが、一度許可申請を受ければナンバーは手元で保管することが可能です。そのため、仮ナンバーのように、貸し出しのたびにいちいち役所まで出向く必要はありません。

『仮ナンバー』と『ディーラーナンバー』。よく似てはいますが、決して同じものではありません。日常的に車両の回送を行う必要がある業者の方は、コストの面でも利便性の面でも『ディーラーナンバー』の取得がおすすめです。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!