ディーラーナンバーのメリットって?

回送運行を行う業者の間で使用されている『回送運行許可番号標』は、ナンバープレートのない車でも道路を走行させることができる、特殊なナンバーです。

使用できるようになるには運輸支局に申請を出し、『回送運行許可』を受けることが必要ですが、このディーラーナンバーを取得したいという業者からの相談は、後を絶ちません。

では、ディーラーナンバーを取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

回送運行許可番号標のメリット

その利点の一つが、コストの削減です。

ディーラーナンバーを持っていない業者は、回送運行を行うたびに、役所で『仮ナンバー』を借りてこなければなりません。仮ナンバーは誰でも借りることができますが、一枚につき一台の車にしか使えず、貸与期間も数日と限られています。

この仮ナンバーの貸与には、およそ750円の手数料に加え、一台ごとに自賠責保険が必要です。最も安い保険料でも、一回5100円。合計5850円の経費がかかってしまいます。月に一台二台ならともかく、10台あれば58500円。20台ともなると、10万円以上です。必要とはいえ、決して安い金額ではありません。

一方、ディーラーナンバーは、一度取得すれば最大5年間使用することができ、保険料も一組につき一台分しかかかりません。維持にかかる費用は、一組につき年間で36000円程度。月平均わずかに3000円ちょっとで、仮ナンバーにかかる経費だけを考えても、遥かにお得です。

外部業者への委託費用や維持費がなくなる

しかも、削減できる費用はそれだけではありません。

ディーラーナンバーを取得していれば、自社でできない車両の運搬を陸送業者に依頼したり、車両回送専用のローダーを保有しておく必要がありません。もしあったとしても、回数や台数がぐっと少なくて済みます。仮ナンバー経費に加え、このような委託費用や維持費がなくなることで、年間50万円以上のコスト削減が可能な業者も珍しくないのです。

不況の中、事業のコストカットを考えて損はありません。まとまった台数の車両回送を行っている業者の方は、一度ディーラーナンバー取得を検討してみてはいかがでしょうか?

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!