ディーラーナンバーの費用

仮ナンバーよりも低コストで利便性が高く、車両の販売業者や製造業者、陸送業者などの間で使用されている『ディーラーナンバー』。
『うちでもぜひディーラーナンバーを取得したい』
『許可申請の方法について詳しく知りたい』
そう考えている方もいらっしゃるかもしれません。

ディーラーナンバー、どれぐらい費用が節約できる?

ところで、ディーラーナンバーを取得すると、どうしてコストが削減できるのでしょうか?大きな理由は2つあります。
まず一つ目が、自賠責保険料の安さです。
仮ナンバーを借りる際には、一度につき自賠責保険料が5200円ほど必要です。仮ナンバーの使用は一度きりで、複数の車に使いまわすことはできないため、回送する車が増えればそれだけ多くの保険料を支払わなくてはなりません。例えば、月に10台の車を回送する業者であれば、一か月で52000円の自賠責保険料が掛かります。
一方、ディーラーナンバーの保険料は、『車両一台ごと』ではなく、『回送運行許可番号標一組ごと』に掛かります。また、1組のディーラーナンバーを、複数の車両に使用することが可能です。そのため、年間でも13000円程度の自賠責保険料で多くの車を回送することができ、保険料の削減に繋がるのです。

ディーラーナンバーで回送専用車が不要に

二つ目の理由は、ディーラーナンバーを取得すれば、自社で回送専用の積載車を保有したり、専門の業者に回送を依頼する費用が必要なくなるからです。
ディーラーナンバーがない場合、車両の運搬にはローダー車などを使うか、陸送業者に回送をお願いしなくてはなりません。しかし、このような積載車の維持費用も、専門業者での回送費用も決して安くはありません。また、車両を保管しておくスペースも必要なので、そのコストも掛かってしまいます。
ある会社では、ディーラーナンバーの取得によって保有していたローダー2台を処分し、140万円余りのコストダウンに成功したと言います。

不要な手間をなくしてコスト削減

更に、業務にかかる不要な手間や時間を削減できることも、見逃せないポイントです。
仮ナンバーを使う場合には、使用のたびにいちいち役所に出向き、借りたり返したりの手続きを行わなくてはなりません。一度や二度なら良くても、度重なれば大きな時間のロスになります。
その点ディーラーナンバーは、有効期間が最大5年間と長く、業者の手元で管理することができます。そのため、そのような手間暇が掛かりません。浮いた時間を業務に充てれば、業務効率のアップに繋がります。
さまざまな面で、コスト削減が可能になるディーラーナンバー。興味のある方は、一度調べてみてはいかがでしょうか。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!