ナンバープレート、返却するときは?

自動車の買い替えや生活スタイルの変化など、何らかの事情で車に乗らなくなり、自動車を廃棄することもあると思います。
では、そんな時、車についているナンバープレートはどうしたら良いのでしょうか?使わなくなったナンバープレートは、勝手に捨てることはできません。廃車の手続きに伴い、管轄の陸運支局に返却する必要があります。

ナンバープレートは陸運支局に返却する

では、具体的な手順を見ていきましょう。

普通自動車の廃車の方法には、『一時抹消登録』と『永久抹消登録』、それに『輸出抹消登録』という三つの種類があります。このうち『輸出抹消登録」は業者が行うものなので、個人にはあまり関係がありません。一般の方が行うのは、『一時抹消登録』と『永久抹消登録』の二つになります。

『一時抹消登録』とは、長期の入院や出張などで車に乗らなくなった時に、一時的に行う廃車の手続きです。一時的な手続きですから、もし再び車が必要になった際には、再登録をして乗ることが可能です。また、車両の盗難などの被害に遭った際にも、一時抹消登録の手続きを取った方が、見つかった時に再利用できる可能性が大きくなります。

一方、『永久抹消登録』とは、その車に二度と乗らない時に行う廃車の手続きです。廃車された車はスクラップ処分されるため、

「やっぱり、もう一度乗りたい」

と思い直しても、再登録をすることはできません。

自動車の一時抹消登録

自動車の一時抹消登録をする際には、車検証、実印、印鑑証明書、申請書などの必要書類を揃え、管轄の陸運支局か、自動車検査登録事務所に提出します。この時、車のナンバープレートも取り外し、一緒に返納しなくてはなりません。また、定められた分の収入印紙が必要です。

申請が済むと、一時抹消登録の証明書と、ナンバープレートの返納証明書がもらえます。この一時抹消登録証明書は、再登録の際に必要です。基本的に再発行は行っていないので、大切に保管するようにしましょう。最後に税事務所で自動車税の抹消申告をし、手続きが完了です。

また、永久抹消登録の場合は、まず車のナンバープレートを取り外し、業者に車両を解体してもらいます。業者が発行した自動車リサイクル券(または、使用済み自動車引き取り証明書)、車検証、実印、申請書、印鑑証明書などの書類を揃え、陸運支局に赴きます。

陸運局では、まずナンバープレートを返却し、返納の『確認印』(もしくは『確認シール』)を受け取ります。先ほどの必要書類にそれを添え、窓口に提出すれば手続きが完了です。

車のナンバープレートは個人の持ち物ではなく、車両登録のために『貸し出されれている』ものです。不要になった際には、きちんと返納手続きを行いましょう。

また、ナンバープレートのない車で道路を走行することはできません。その時には専用の『仮ナンバー』もしくは『ディーラーナンバー』を使うようにしましょう。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!