違いが分かる?陸送業の種類

『仮ナンバーよりもコストが安く、経費が節約できる』
『いちいち役所に行き、借りたり返したりする手間がかからない』

と、車両回送を行う業者の間で取得が進んでいる、ディーラーナンバー。このディーラーナンバーを使用することを許されている業種の一つが、陸送業です。

自動車陸送業とは何か?

では、陸送業とは、どのようなものなのでしょうか?

そのそも陸送業とは、運輸業の一つです。

運輸業とは、簡単に言えば何かを運ぶ仕事のこと。

運輸業というと、引越し屋のトラックや宅配便のように、モノを運ぶというイメージがあるかもしれません。しかし実際には、飛行機や電車、タクシーなどで人を運ぶ『旅客輸送』も、運輸業に含まれます。

モノを運ぶ輸送は『貨物輸送』と呼ばれ、鉄道による陸送、ヘリコプターや航空機を使った空輸、船を使用する海運(または水運)など、何で運ぶかによってさまざまな種類があります。トラックやトレーラーなどによる陸送業は、このような貨物輸送業の中の一つなのです。

モノを運ぶ輸送は『貨物輸送』

自動車による貨物輸送は、大きく二つに分けることができます。

一つは、『貨物自動車運送業』。もう一つが、『貨物利用運送業』です。

『貨物自動車運送業』とは、自社で陸送用の車両を有し、自分たちで荷物を運ぶ運送業のこと。中でも、荷物を委託される相手や車両の種類によって違いがあり、『一般貨物自動車運送』『特定貨物自動車運送』『貨物軽自動車運送』の三つに分けることができます。

『一般貨物自動車運送』とは、一般の人を相手にした貨物自動車輸送のこと。皆さんになじみ深いクロネコヤマトや佐川急便などの宅配サービスは、これにあたります。これに対し、企業など法人を専門とするのが『特定貨物自動車運送』です。また、バイク便など、軽車両を使った貨物陸送は『貨物軽自動車運送』と呼ばれています。

一方、『貨物利用運送業』の場合、運送業と言っても、荷物を運ぶのは自分たちではありません。

貨物利用運送業者が行うのは、運送の仲介のみ。運送業者を手配し、輸送の委託を受けた荷物を運んでもらうのが仕事です。そのため、自社で運送のための車両を持っている必要はありません。輸送に利用する運送業者が一社のみの時は『第一種貨物利用運送』、複数の業者を利用する場合は『第二種貨物利用運送』と区別されます。

流通を司り、人間が仕事や生活をするうえで欠かせない陸送業。車両回送を業務とし、ディーラーナンバーを利用する陸送業者は、そのひとつなのです。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!