こんなものも?特殊なナンバープレート

ディーラーナンバー』や『仮ナンバー』。どちらも一般のナンバープレートとは違い、道路運送車両法の適用されない特殊なナンバープレートです。しかし、特殊なナンバープレートは、これだけではありません。世の中には、正規ではあるもののあまり目にすることができない、変わったナンバープレートがいくつか存在します。

天皇御料車のナンバープレート

その一つが、天皇御料車のナンバープレートです。

天皇御料車とは、天皇と皇族が乗るための車のこと。車両そのものはテレビ中継などで見かけても、ナンバープレートにまで注目することはなかったのではないでしょうか。

天皇御料車のナンバープレートの最大の特徴は、円形であること。表示されている内容は『皇』の漢字と数字一文字のみで、とてもシンプル。まるで昔の貨幣のようです。一見して、これがナンバープレートだと認識する人はあまりいないかもしれません。

また、日本の車でありながら、日本の法律が適用されないナンバープレートも存在します。

それは、外交官車両のナンバープレート。青字、もしくは白地の板に『外』『代』『領』の文字と、各国割り当ての数字4文字のみが記されています。このプレートを付けた車は日本国には属さないものとみなされ、自動車税を払う必要もありません。

また、数字だけのナンバープレート、というものもあります。自衛隊で使用する、自衛隊車両のナンバープレートがそれです。

自衛隊車両のナンバープレート

一般のナンバープレートには、二種類の数字のほかに地名やひらがなが記されています。しかし自衛隊車両のナンバープレートには、それがありません。表示されるのは前2ケタ、後ろ4ケタという、合計6ケタの数字のみ。どの数字を使うかは細かく定められており、この組み合わせによって車の種類や管理区分、所属を表しています。

さらに、ひらがなの代わりにアルファベットを使うナンバープレートも存在します。

それは、駐日米軍のナンバープレート。基本的な作りや決まりは一般のものと同じですが、ひらがなが入るところには、アルファベット一文字が使用されます。ただし、現在使用されているアルファベットは限られており、E、H、K、M、T、Yの6つ。それぞれ、課税や非課税、自家用、事業用などで区別されています。

いかがでしょうか?

一般の人にはあまりなじみのない、特殊なナンバープレート。何かで偶然見ることができたら、ラッキーかもしれません。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!