忘れないで!仮ナンバーの自賠責保険

すべての車は、一定期間ごとに車検を受けていないと、公道を走行することはできません。たとえば自家用の乗用車の場合、新車なら3年に1回、それ以外は2年に1回の車検が定められています。

この車検の期限は、車検証、もしくは車のフロントガラスに貼られているシールで知ることができます。有効期限の1か月前から受けることが可能ですが、もし早めに受けたとしても、次の有効期限がその分前倒しになることはありません。これは車検場の混雑を避けるため、特別措置が取られているからです。車検切れを起こさないためにも、期日はきちんと確認し、車検は早めに行うのが良いでしょう。

しかし、もし車検の有効期限が切れてしまったら…いったい、どうすれば良いのでしょうか?
車検が切れた車に再び乗るためには、車検を受けなおす必要があります。ただし、車検が切れた車で、そのまま車検場に行くことはできません。もしその状態で公道を走行すれば『無車検運行』となり、道路運送車両法により、6か月以下の懲役、または30万円以下の罰金が科されることになってしまうからです。

車検切れに仮ナンバー

そこで必要なのが、『仮ナンバー』です。

仮ナンバーとは、車検切れや登録抹消など、ナンバープレートのない車を一時的に走行させるためのナンバーです。車検の切れた車を車検場に運ぶには、この仮ナンバーを取得し、それを使って車を運行しなくてはなりません。

また、これとよく似たものに『ディーラーナンバー』がありますが、こちらは車両の販売業や製造業など、特定の業者にしか使うことができない特殊ナンバーです。

では、仮ナンバーはどうやって取得すれば良いのでしょうか?

仮ナンバーは、全国の市町村役場で借りることができます。必要な際には最寄りの役場に出向き、申請書、印鑑、車検証、運転免許証に手数料750円(金額は地域によって差があります)を添えて申し込みましょう。

仮ナンバー申請には自賠責保険が必要

また、仮ナンバーを借りるには、自賠責保険に加入している必要があります。申請には、自賠責保険証も忘れずに持参しましょう。

自賠責保険に入っていないと、仮ナンバーを借りることはできません。もし有効期限が切れている場合には、新たに自賠責保険に加入しなおしてから申請をしましょう。保険料は、最低(1か月)で5000円程度です。

自分で仮ナンバーを取得することが難しい場合には、代行業者を頼むという方法もあります。忙しくて役場に行けない、という方は、代行業者を調べてみると良いでしょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!