雪国発?字光式ナンバープレートの由来

自動車に使われている、ナンバープレート。普通自動車や軽自動車など、一般に使用されているもの以外にも、様々な種類があります。そのひとつが、ディーラーナンバー。『ナンバープレートのない車でも道路を走行させることができる』という特殊なナンバーで、陸送業者や自動車販売業者など、車両回送を日常的に行う業者の間で使用されています。

字光式ナンバープレート

ところで、ナンバープレートの表示方法には、『字光式』と『ペイント式』の二種類があります。

『ペイント式』とは、プレートに直接番号が塗装してあるナンバープレートのこと。『塗装式』とも呼ばれ、一般的に多く見られる形態で、ディーラーナンバーもこのタイプです。

一方『字光式』とは、プレートの内部に照明が仕込まれており、文字が光るようになっているナンバープレートのこと。

ファッション性が高いほか、『夜間に見やすい』『ナンバーが人目に付きやすい』などの利点があり、個人タクシーや運送会社のトラックなどで取り入れられています。もしかしたら、見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

ところでこの『字光式』のナンバープレート、どうして生まれたのかご存じでしょうか?

ライトの熱で雪を溶かしたい

実は、『字光式』ナンバープレートの当初の目的は、『文字を光らせる』ことではありませんでした。

雪国では、積もった雪によってナンバープレートが隠れてしまい、見えなくなることが良くあります。そのため、

『ナンバープレートにライトを仕込んで、その熱で雪を溶かせないか』

という思いで開発されたのが、字光式のナンバープレートだったのです。

また、

『吹雪の時でもナンバーが良く見えるように』

と、文字が光るようにしたという説もあります。

このような字光式ナンバーは、1970年に北海道で導入され、次第に全国に広まっていきました。特にバブル期には若い世代に人気が高く、多くの交付がされていたようです。

最近ではぐっと数は減ったものの、ファッションや利便性などの理由から、あえて字光式を選ぶユーザーも少なくありません。そのようなユーザーの要望により、2002年からは軽自動車でも、字光式のナンバープレートが選択できるようになりました。

また、その光源も、従来の白熱灯からLEDやELライトへと変化が進んでいます。ただし、LEDやELライトの熱源では限りがあるため、本来の目的であった『融雪』機能については、ほとんど期待できないようです。

雪国の悩みから生まれた、字光式ナンバープレート。今では地域を超え、根強く活躍しています。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!