こんなときは、すみやかに変更届を!

回送運行許可番号標』、通称『ディーラーナンバー』。既に取得をしている方や、

『うちの会社でも、是非取得をしたい』

という方も多いのではないでしょうか?

ところで、ディーラーナンバーを取得している会社の住所や、回送運行の許可を受けている人の氏名が変わった時には、どうしたらよいのでしょうか?

回送運行許可の変更届

ディーラーナンバーの許認可を行っている運輸支局では、以下のようなときには、すみやかに変更届を提出することと定められています。

まず第一に、ディーラーナンバーの許可を受けた人の住所や氏名に変更があった時。

第二に、営業所の名称が変わったり、住所や電話番号に変更があった時。

第三に、社内におけるディーラーナンバーの『管理責任者』を変更した時。

第四に、社内におけるディーラーナンバーの『社内取扱い内規』を変更した時。

第五に、許可を受けている業者が会社の業務を廃止した時。

第六に、会社の営業所を新設、もしくは廃止した時。

第七に、複数の営業所を有する会社が、同じ県内でディーラーナンバーを管理使用する営業所を変更した時です。

もし上記の変更がなされたときには、第25号様式の『変更等届出書』を、管轄の陸運局に出さなくてはなりません。

変更届に加えて疎明書類も必要

会社や人の住所氏名変更の際は、変更届に加え、戸籍抄本や住民票、登記事項証明書など、変更事項を証明する書類も併せて提出することが求められます。また、社内取扱い内規を変更した時には、変更後の取扱い内規を示すことも必要です。

変更届の提出を怠ると、ディーラーナンバーの更新手続きなどに差支え、最悪回送運行許可の取り消しとなってしまうことも考えられます。

何かの事情で登録情報が変わった際には、速やかに変更届を出すようにしましょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!