ディーラーナンバーの更新

車両の販売業や製造業、陸送業などの業者の間で使用されている『回送運行許可番号標(ディーラーナンバー)』。申請に多少の費用と時間はかかりますが、一度取得してしまえば最大5年間使用することができ、車両保険料などコスト的にもメリットの多い特殊なナンバーです。
ところで、このディーラーナンバー。更新期限が来たら、どのような手続きをすればよいのでしょうか?

『最大5年間』ってどういうこと?

回送運行許可の有効期限は、車の運転免許のように、個別に決まっているわけではありません。取得したのがいつであっても、その有効期限は一律で定められています。そのため、初回は取得したタイミングによって、ディーラーナンバーを使える期間が長い人と、短い人が出てくるのです。
例えば、回送運行許可の次の有効期限が、2020年の12月だとします。2016年1月に許可を受けた場合は5年間使用できますが、2019年12月に許可を受けた人では、有効期間は1年間です。

回送運行許可の更新

では、有効期限を迎えた後も引き続きディーラーナンバーを使いたい時には、どうしたら良いのでしょうか?その場合は、期間満了の2か月前までに、回送運行許可の更新手続きをする必要があります。
更新手続きは基本的に、最初に行った申請と変わりません。必要書類を揃え、管轄の陸運局で内容の審査を受けます。この時、現状の販売台数などが許可要件に合致しなかったり、過去にディーラーナンバーを不正使用するなどの事例があった場合は、新たに許可を受けられないことがあります。

混同に注意!『回送運行許可番号標』の有効期限

ところで、『回送運行許可』そのものの有効期限とは別に、『回送運行許可番号標』の有効期限が存在します。番号標とは、実際に回送に使用するナンバープレートのこと。回送運行許可を受けると、管轄の陸運局から貸与されます。
この『回送運行許可番号標』の有効期限は、最長で1年間です。どのタイミングで古いものを返却し、新しいものを借りるかは業者に任されており、3か月に一度の業者もいれば、半年に一度の業者も存在します。
ただし、新しく回送運行許可を受けてからしばらくは、
『ディーラーナンバーが正しく使用されているか』
や、
『許可証や番号標の管理能力はきちんとしているか』
を確かめるため、陸運局が貸出期間を短いスパンで定めることもあるといいます。
大切なディーラーナンバー。更新手続きは忘れずに行うようにしましょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!