ディーラーナンバーを取得する

車検切れや登録抹消など、ナンバープレートのない車を動かすための『ディーラーナンバー』。車両の販売業や製造業、陸送業などの業者の間で使用されている、特殊なナンバーです。では、このディーラーナンバーを使うには、どうしたら良いのでしょうか?

『ディーラーナンバー』のメリットは?

「うちみたいな小さな会社には、ディーラーナンバーはいらない」

「わざわざディーラーナンバーを取得しなくても、仮ナンバーを使えばいい」

そう思われる方もあるかもしれません。しかし、ディー ラーナンバーには、仮ナンバーにはないさまざまな利点があります。

大きなメリットは、以下の三つです。

一つ目は、有効期限が『最長5年間』と長いこと。二つ目は、一組で複数の車両に使用できること。三つめは、車両保険料が一台分しか掛からない、ということです。

仮ナンバーの有効期限は、最大3日~5日です。一度の手数料はわずかでも、日常的に車両の回送をする業者の場合、その度に役所で仮ナンバーを借りるのではコストや手間が馬鹿になりません。また、仮ナンバーは一度しか使えないうえ、その度に車両保険を掛けなくてはなりません。

一か月に一定量以上の回送をする業者であれば、ディーラーナンバーを取得した方が得になるのです。

ディーラーナンバーには許可申請が必要

では、どうしたらディーラーナンバーが取得できるのでしょうか?

ディーラーナンバーは、誰でも使えるわけではありません。使用できるのは、車両の販売業、製造業、陸送業、分解整備業の業者に限られており、許可申請を受ける必要があります。また、それぞれの業者によって定められた許可要件を満たさなければ、申請をすることはできません。取得を考えている方は、まず許可要件をチェックしてみましょう。

申請は管轄の陸運局で

ディーラーナンバーの許可申請は、業者の営業所を管轄する陸運局で行います。申請内容に問題がなければ、通常一か月ほどで許可が下り、ディーラーナンバーが使用できるようになります。

ただし、必要書類が多かったり、専門性の高い内容の記入を求められるなど、一般の方には少し手続きのハードルが高いかもしれません。悪くすれば、書類不備で申請が通らない可能性もあります。

「ディーラーナンバーが使いたいけれど、書類を揃える時間がない」

「自分一人で申請をするのが不安」

そんな方は、行政書士など法律の専門家に申請の代行を依頼するのも良いでしょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!