北海道の回送運行許可

中古車の回送などに使われている『ディーラーナンバー』。その特徴的な見た目から、『赤ナンバー』や『赤枠ナンバー』とも呼ばれています。
このディーラーナンバーは、管轄の陸運局に申請を出し、許可を受けることで使用できます。ただし、誰でも申請ができるわけではありません。申請には、『車両の販売業、陸送業、製造業、分解整備業のいずれかの業者であること』と『定められた許可要件を満たすこと』の、二つの条件をクリアすることが必要です。また、許可要件はどこでも同じわけではなく、陸運局によって異なっています。
では、北海道でディーラーナンバーを取得するには、どうしたらよいのでしょうか?北海道の許可要件を見てみましょう。

北海道運輸局管内の許可基準~制作業と販売業~

北海道運輸局管内の許可基準は、以下のようになっています。
まず、制作業と販売業の場合です。
・車両制作業…許可申請をする前の直近3か月間で、月平均の車両制作台数が5両以上であること。
・車両販売業…新車においては、許可申請をする前の直近3か月間で、月平均5両以上の販売実績があること。また、中古車については、許可申請をする前の直近3か月間で、月平均10両以上の販売実績があること。

北海道運輸局管内の許可基準~陸送業と分解整備業~

続いて、陸送業と分解整備業です。
・陸送業…月平均の陸送台数が30台以上で、陸送業務に直接従事する運転者が常時10名以上いること。ただし、貨物運送事業者、貨物利用運送事業者、港湾運送事業者の業者については、運転者が5名以上であること。
・分解整備業…許可申請をする前の直近1年間で、臨時運行許可(仮ナンバー)に基づく車両の運行実績が7台以上あること。

何が必要?申請書類

北海道でディーラーナンバーの許可申請をするにあたっては、以下の書類が必要です。
・回送運行許可申請書
・業者の商業登記簿の謄本、または住民票
・運転者等に対する法令関係研修の実施計画書(継続の場合は実地状況の報告書)
・社内取扱内規を記載した書面
・管理責任者等の営業所への配置計画書
・製作、販売、陸送、あるいは分解整備業を業とすることの書面
・直近3か月間の製作、販売又は陸送の実績、もしくは計画書
なお、陸送業については、これらに加えて『運転者名簿』と『回送委託者一覧表』の提出も求められます。

また、ディーラーナンバーの申請は、代行を頼むことも可能です。
『ディーラーナンバーを取得したいけれど、手続きが良く分からない』
『仕事が忙しく、書類を用意する時間がない』
そんな方は、お近くの行政書士事務所など、法律の専門家に問い合わせてみると良いでしょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!