回送運行の社内取扱い内規

ナンバープレートのない車を回送することができ、車両の販売業や陸送業の業者の間で使用されている『回送運行許可番号標』。別名、『ディーラーナンバー』とも呼ばれています。仮ナンバーと比べ、
『保険料などのコストが安く済む』
『プレートをいちいち借りたり返したりする手間が掛からない』
など多くのメリットがある、このナンバー。
『できればうちの会社でも使いたい』
と、取得を考えている業者の方も多いのではないでしょうか。
しかし、ディーラーナンバーは、許可を受けさえすればそれで良いわけではありません。継続的な使用のためには、管理をしっかりとし、定められた使用方法を順守できるような社内環境作りも重要です。
では、回送運行許可番号標を適切に使うには、どんなことに気を付けたら良いのでしょうか?

社内取扱い内規を定めよう

回送運行許可の取得に当たって大切な点の一つが、『社内取扱い内規を定める』ことです。
ディーラーナンバーの使用には専門の許可申請が必要ですが、その際、業務実績や商業登記簿謄本、回送運行許可の申請書などとともに、『社内取扱内規を記載した書面』を提出しなくてはなりません。また、運転者への法令関係研修の実施計画書や実施状況、管理責任者の配置計画など、ディーラーナンバー取得後の実質的な管理に関わることを定めた書類も必要です。

ディーラーナンバーの管理は徹底を

では、どうしてこのような書面が求められるのでしょうか?
それは、ディーラーナンバーの盗難や紛失を防止し、不正使用を行わせないためです。
ディーラーナンバーの管理が甘ければ、業務以外に使用したり、故意に他の業者に貸し出されたりする可能性もあります。また、盗難に遭ったディーラーナンバーが、犯罪に利用されたりするかもしれません。
そのため、ディーラーナンバーを取得する業者は、社内取扱い内規を定めるだけでなく、鍵のかかるロッカーや金庫を用意したり、使用の記録を管理簿に記入するなど、厳密な管理を徹底する必要があるのです。

どうやって、何を決めればよい?

とはいっても、申請の際、
『社内取扱い内規って、一体どんなものだろう?』
『何を、どうやって作ればいいのだろう?』
と戸惑われる方も多いのではないでしょうか。
そんな時は行政書士など、法律の専門家に作成のサポートを頼んだり、申請の代行依頼をするのも良いかもしれません。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!