回送運行許可、どれぐらいで取れる?

自動車の販売や陸送、あるいは車両の製作など、特定の業者の間で使用されている『ディーラーナンバー』。正式には『回送運行許可番号標』といい、ナンバープレートのない車でも道路を走らせることのできる、特殊なナンバーです。

そのため、

『いちいち仮ナンバーを借りたり、役所まで返したりしに行く手間が省ける』
『仮ナンバー発行に掛かる手数料や、車両保険料を節約することができる』

と、新たにディーラーナンバーの取得を希望する業者は多くいます。

ディーラーナンバーはどれぐらいの期間で取得できる?

では、ディーラーナンバーは、どれぐらいの期間で取得できるものなのでしょうか?

ディーラーナンバーを使うには、管轄の陸運局に申請をし、使用許可を得る必要があります。

申請から許可までに掛かる期間は、通常で一か月半程度。申請内容に問題がなければ、一か月半あれば、ディーラーナンバーを取得することが可能です。

けれど、問題なのはこの『許可申請』。

回送運行許可申請が問題

許可申請に必要な要件や書類は、『車両の販売・陸送・製作・分解整備業』でそれぞれに定められています。しかし、その内容は複雑で、一般の方が一人で理解し、用意するのは簡単ではありません。

また、許可申請のそもそもの前提である、

『自分の会社が、許可申請を受けられる要件を満たしているかどうか』

の判断が難しいことも、珍しくありません。

この申請までの手続きに手間取ってしまうと、ディーラーナンバーの取得に余分な時間が掛かります。それどころか、最悪書類の内容不備で、不許可になってしまうこともないとは言えません。

では、スムーズに回送運行許可を受けるためには、どのようにすれば良いのでしょうか?

おすすめなのが、行政書士など、法律の専門家に申請代行を依頼すること。

『専門家に頼むなんて大げさだし、お金も掛かる』

とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際には法律家に依頼した方が、

『自分でやるより手間なく、早く、確実に』

ディーラーナンバーの申請が可能なのです。

現在は回送運行許可の申請代行を請け負っている行政書士も多く、依頼料が5万円以下など、比較的安価に済むことも珍しくありません。また、お得なキャンペーンなどを行っている事務所もあります。

複雑な法手続きを自分で行うのは、時間も手間も掛かるもの。

ディーラーナンバーの取得を考えている方は、思いきって、身近な専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!