回送運行許可の報酬

車検切れや登録抹消など、ナンバープレートのない車を回送するための『回送運行許可番号標(ディーラーナンバー)』。
仮ナンバーよりもコストが安く、有効期限が長いなど、業者にとってメリットが大きいこのナンバー。
『ぜひうちでも取得したい』と考えている方も多いのではないでしょうか?
そこでここでは、ディーラーナンバーの申請代行とその費用についてご紹介します。

忙しい、面倒臭い…そんな方は『申請代行』を!

ディーラーナンバーを取得するにあたって、必要なのが陸運局への申請です。
しかし、このような法的手続きは難しく、面倒なことも多いもの。
『ディーラーナンバーは取りたいけれど、一人で手続きをする自信がない』
『仕事が忙しくて、必要な書類を準備できない』…
そのような理由で、取得に二の足を踏まれている方もいるかもしれません。
そんな方に知ってほしいのが、『申請代行』です。
ディーラーナンバーの申請手続きは、行政書士など、法律の専門家が代わりに行うことができます。
ある程度の費用は掛かりますが、専門家が行うため確実で、スピーディーな取得を目指すことが可能です。また、書類を揃えたり記入したりするのにかかる手間や時間も節約できます。
多忙な方や法的な手続きが苦手な方には、まさにぴったりと言えるでしょう。

いくらかかる?申請代行

申請代行を頼むにあたって、気になるのが値段です。
ディーラーナンバーの申請代行には、一体いくらぐらいかかるのでしょうか?
現在は全国さまざまな法律事務所が、回送運行許可の申請代行を請け負っています。金額は30,000円~100,000円程度と幅があり、サービス内容もいろいろです。サイトで手軽に比較することができますので、内容と値段を良く見比べて決めるのが良いでしょう。
ただし、回送運行許可の許可基準は全国一律ではないため、どこの地域の事務所に頼んでも大丈夫なわけではありません。ご自身の事業所を管轄する陸運局管内の法律事務所、あるいはそのエリアに対応している事務所を選ぶことが大切です。

取得までの期間は?

また、ディーラーナンバー取得までの期間は、通常『陸運局に許可申請を行ってから40日程度』です。各陸運局や時期によって差はありますが、大体一か月~一か月半とみておけば良いでしょう。
許可申請までにかかる時間は法律事務所によってまちまちですが、最短では申し込みをした翌日に申請が可能なところもあります。取得をお急ぎの方は、そのようなところを利用してみてはいかがでしょうか?

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!