回送運行許可の必要書類

車検切れや登録抹消など、ナンバープレートのない車を回送するために使用する『ディーラーナンバー(回送運行許可)』。仮ナンバーと似ていますが、コストの安さなどメリットが多く、車両回送を日常的に行う業者の間では、『うちでも使いたい』と考える方が少なくありません。
では、ディーラーナンバーを得るためには、どのような書類や手続きが必要なのでしょうか?

許可申請に必要な書類~共通のもの~

ディーラーナンバーの許可申請に必要な書類は、車両の販売業、製造業、陸送業、分解整備業で少しずつ異なります。まず、共通の書類を見てみましょう。
1.回送運行許可申請書
最も基本の書類です。事業者の氏名や住所、電話番号、事業の種類や概要を記入します。
2.法令研修実施状況、および計画を記載した書面
新規の場合は今後一年間の計画を、継続の場合は過去一年間の実地状況(研修の実施日、時間、場所、受講者、内容、講師など)を記載します。
3.社内取扱い内規を記載した書面
ディーラーナンバーの取り扱いに関する社内の決まりを記載します。
4.管理責任者等の配置計画を記載した書面
営業所ごとに、管理責任者の職名と氏名を記載します(代務者がいる場合はそれも記載)。
5.各種業とすることの書面
関係団体の会員証明など。車両の販売業、製造業、陸送業、分解整備業で書面が異なります。
6.実績等を証明する書面
過去における業務実績を証明する書類です。
また、関東運輸局の管内では、これらに加えてディーラーナンバーの保管庫(鍵のかかるロッカーや金庫など)の写真や、事務所の外観図や平面図、営業所までの案内図などの提出を求められるようです。

許可申請に必要な書類~業種別~

次に、業種ごとで必要な書類を見てみましょう。
まず、販売業の場合です。
・販売台帳のコピー
・古物営業許可証のコピー(中古車販売のみ)
次に、陸送業(※港湾荷役業を除く)です。
・回送委託契約書のコピー
・運転者名簿
・社会保険の加入証明等
・車検証のコピー(※運送業のみ)
ただし、管轄の陸運局によってはこれらの書類のいずれかが不要だったり、別の書類の提出が必要なこともあります。
最後に、分解整備業です。
分解整備業では、臨時運行許可証など、臨時運行許可を受けたことを証明する書面のコピーが必要です。

書類で悩む方は申請代行を!

いかがでしょうか?
申請に必要な書類は多く、
『許可申請を受けたいけれど、役所に行って書類を揃える時間がない』
『法手続きが苦手で、自分一人で書類を作成するのは難しい』
という方も少なくありません。
そんな時には、行政書士などに申請代行を依頼するのもおすすめです。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!