回送運行許可の費用

車両の販売業や陸送業の間で使われている『回送運行許可番号標(ディーラーナンバー』。
このディーラーナンバーのメリットの一つが、『コストの安さ』です。
では回送運行許可を取得すると、一体どれぐらいお得なのでしょうか?仮ナンバーを使用した場合と比較して見てみましょう。

こんなに違う!自賠責保険料

ディーラーナンバーによるコストダウンで、大きなポイントになるのが『自賠責保険料』です。
では、回送運行許可を取得すると、どうして自賠責保険料が安くなるのでしょうか?それには、保険料の『対象』何であるかが関係しています。
仮ナンバーの場合、自賠責保険は回送する『車両一台ごと』が対象です。仮ナンバーが使えるのは一度きりなので、自賠責保険料は借りるたびに支払わなくてはなりません。そのため、一度につき最低でも5200円ほどの費用が発生します。
それに対しディーラーナンバーは、『車両一台ごと』ではなく、『回送運行許可番号標1組ごと』に自賠責保険料が課されています。また、複数の車両に対して何回でも使用することができ、使うたびに借りたり返したりする必要もありません。掛かる保険料は、年間でも13000円程度。一年に3回仮ナンバーを借りる人なら、保険料が上回る計算です。
これだけでも、ディーラーナンバーのお得さがお分かりいただけるのではないでしょうか。

見逃せない!車両積載車の費用

もうひとつのポイントが、車両積載車や、陸送業者に掛かる費用です。
仕入れた車両の移送のためにローダーなどを保有していたり、自社ではできない車両の回送を専門の業者に依頼している、という業者の方も多いでしょう。
しかしディーラーナンバーがあれば、自社で車両の回送をすることができるので、これらの費用の削減が可能です。また、自社で保有していた積載車を処分すれば、その分の保管スペースを有効活用することもできます。
例えばある会社では、ディーラーナンバーを取得したことにより積載車を2台手放し、結果的に150万円近いコストダウンに成功しました。また、他の会社でも、ディーラーナンバーを使うことで自社での回送を増やし、陸送会社への支払いを抑えて35万円ほどの費用削減に繋がった例があります。

回送運行許可を取得するには?

では、ディーラーナンバーを取得するにはどうしたら良いのでしょうか?
回送運行許可を得るには、決められた許可要件を満たした上で、管轄の陸運局に申請をしなくてはなりません。
申請は自分ですることも可能ですが、法的な手続きは複雑で、手間や時間が掛かります。せっかく頑張って申請しても、書類不備で許可が下りない、ということにもなりかねません。
『早く、確実に』回送運行許可を取得したい場合には、法律事務所などに申請代行を頼むのが良いでしょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!