回送運行許可の赤枠

車両の販売業や製造業など、車の回送に関わる業者が使用している『ディーラーナンバー(回送運行許可番号標)』。車検切れや登録抹消、未登録などの車を回送するための特殊なナンバープレートであり、専門の許可を受けた業者だけが使うことができます。
ところでこのディーラーナンバー、別名を『赤ナンバー』や『赤枠ナンバー』ともいいます。一体、どうしてそのように呼ばれているのでしょうか?

『赤枠ナンバー』名前の由来

ディーラーナンバーが『赤ナンバー』や『赤枠ナンバー』と呼ばれる理由は、その見た目にあります。ディーラーナンバーは、白地のプレートを赤いラインでぐるりと囲い、そこに地名と数字を記したデザインをしています。赤が特徴的な外見のため、『赤ナンバー』や『赤枠ナンバー』と呼ばれているのです。
また、『ディーラーナンバー』を縮めて『デラバン』と称されることもあります。

もうひとつの『赤ナンバー』

ところで、デザインに赤が使われているナンバープレートは、ディーラーナンバーだけではありません。
よく見かけるのが、『仮ナンバー(臨時運行許可番号標)』です。こちらは、白地に地名と数字を記し、その上に赤い斜線が入っているデザインで、ディーラーナンバーとよく似ています。見た目だけでなく、使用目的や機能にも重なる点があり、両者を混同している方も多いかもしれません。
しかし、仮ナンバーとディーラーナンバーには、歴然とした違いが幾つかあります。どこが異なるのか見ていきましょう。

『赤枠ナンバー』と『仮ナンバー』との違い

まず一つ目が、『有効期限の長さ』です。
仮ナンバーの有効期限は、最大5日間です。また、使える回数は一回の貸し出しにつき一度に限られており、有効期限を過ぎれば速やかに返却しなくてはなりません。
一方、ディーラーナンバーの有効期間は最大5年間であり、一度許可を取得してしまえば、いちいちナンバーを返却する必要はありません。また、一組の番号標を複数の車両に使用することが可能です。
二つ目の違いは、『使用可能な目的や範囲』です。
仮ナンバーは基本的に、『車検を受ける・登録をする』ことを目的に貸し出されるナンバーであり、他の用途に使用することはできません。また、回送のルートは事前に申請したものに限られます。
一方、ディーラーナンバーは『業務上必要な回送』のすべてに使うことが可能で、ルートも特に限定されません。
また、車両保険料や手数料など、コストの面においてもさまざまな違いがあります。
車両回送を生業としており、よく仮ナンバーを使うという方は、一度赤枠ナンバーの取得を検討されると良いでしょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!