回送運行許可専門の行政書士

車両の販売業や陸送業、製造業などの間で使われている『ディーラーナンバー』。これを使用するのには、管轄の陸運局に申請をし、『回送運行許可』を受けることが必要です。
この許可申請は自分で行うことができますが、行政書士など、法律の専門家に代行を頼むという選択肢もあります。
では、行政書士に申請代行を依頼するとき、選ぶポイントはどこなのでしょうか?

回送運行許可は『申請代行』が可能

『仮ナンバーと違い、借りるたびにいちいち役所に出向く手間がない』
『有効期限が5年と長い』
『自賠責保険料が1台分で済む』
など、メリットの多いディーラーナンバー。
「ぜひうちでも取得したい」
という業者の方も多いのではないでしょうか。
しかし、法的な手続きは煩雑で、一般の方にはなかなか難しいもの。また、必要な書類を揃えたり、役所に行ったりするのにも手間や時間がかかります。
そんな方におすすめなのが、回送運行許可の申請代行です。
行政書士など法律事務所では、ディーラーナンバーの申請代行を請け負っているところが少なくありません。自分でするよりも多少費用は掛かりますが、確実で素早い申請を行うことができ、仕事で忙しい方や、手続きに自信がない方にはうってつけです。

行政書士なら誰でもよい?

しかし、行政書士なら誰でも、回送運行許可の申請代行を頼んでよいわけではありません。行政書士の業務は多岐に渡っており、多くの場合、それぞれの事務所で専門分野や得意分野を有しています。回送運行許可など、申請代行の業務はあまり扱わない行政書士に依頼をすれば、かえって他よりも手間や費用がかさんでしまうこともあり得ます。逆に申請代行を専門に行っている行政書士に頼めば、費用も安く、スムーズで早い取得が期待できるのです。

費用や内容の比較検討を!

現在は、インターネットで簡単に、回送運行許可の申請代行業務を行っている行政書士を検索することができます。
代行業務を請け負っている事務所は多くありますが、その費用やサービス内容はさまざまです。また、その法律事務所がどこの陸運局の管内をカバーしているのかも、注意しなくてはなりません。
申請代行を行う際には、自分の事業所を管轄する陸運局管内の法律事務所で、依頼先を比較検討して決めるのが良いでしょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!