回送運行許可更新

車両の製造業や販売業、陸送業などの業者の間で使用されている『回送運行許可番号標』。車検切れや登録抹消などでナンバープレートのない車を回送するための特殊なナンバープレートで、通称『ディーラーナンバー』とも呼ばれています。

回送運行許可の有効期限は、最大5年間

この回送運行許可番号標の特長の一つが、有効期限が長いことです。使うには専門の許可申請が必要ですが、一度許可を受けてしまえば最大5年間使用することができます(有効期限が一律のため、初回の許可のタイミングによっては、それより短い場合もあります)。プレートは手元で保管できるので、仮ナンバーのように、使用のたびにいちいち役場で貸し出しや返却をするといった手間もかかりません。そのため、業務に要する余計な時間を短縮し、業務効率を上げるのに役立ちます。また、車両保険料などのコスト削減の面でも、大きなメリットがあります。

有効期限満了の2か月前に更新手続きを!

では、5年経ったら、ディーラーナンバーを使用することはできなくなるのでしょうか?
そんなことはありません。更新手続きを行えば、引き続き使うことが可能です。
回送運行許可の更新手続きは、有効期限が満了する日の2か月前までに行います。更新の際は、最初に許可を受けた時と同様に書類を揃え、許可要件を満たしているかどうかの審査を受けましょう。内容に問題がなければ、継続して使用することができます。
ただし、現在の実績が許可要件に合致しなかったり、これまでにディーラーナンバーの不正使用をするなどの違反があった場合には、再び許可を受けることが難しくなります。注意しましょう。

ディーラーナンバープレートの有効期限は最長一年

また、回送運行許可自体の有効期限と、実際に使うディーラーナンバーのプレート(番号標)そのものの有効期限は別になります。
プレートの有効期限(貸し出し期限)は最長1年間で、期限が来たら陸運局に返却し、新しいものと交換しなくてはなりません。この更新のタイミングは、業者によって1か月ごとに設定することが可能です。そのため、3か月ごとに更新をする業者もあれば、半年に一回更新する業者もいます。ただし、初回の貸し出しに関しては、管理がきちんとしているかを確認するため、陸運局が2~3か月に期間を設定する場合もあるようです。

回送運行許可の有効期限は、最大5年間です。引き続き使いたい時には、早めの更新手続きを忘れないようにしましょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!