回送運行許可違反

車両の製造業や中古車販売業など、車の回送が必要な業者の間で使われている『ディーラーナンバー(回送運行許可番号標)』。
『仮ナンバーよりも有効期限が長い』『使用に掛かるコストが安い』『使うたびに借りたり返したりしなくても良い』
などメリットがたくさんあり、『取得したい』と考える人も増えています。

違法な使用も…罰則が強化

しかし、ディーラーナンバーの取得者が増加する一方で、違法な使用をする例も出てきています。それにともない、平成25年2月から、回送運行許可に関する罰則が厳しくなりました。
ディーラーナンバーは便利なナンバーですが、何にでも使ってよいわけではありません。使用できるのは、『業務上必要な回送』に限定されています。それ以外の目的での使用は違反とみなされ、この罰則の対象となります。
では、具体的にどんなことが『業務上必要な回送』にあたるのでしょうか?中古車販売の業者の場合を見てみましょう。

何になら使える?ディーラーナンバー

車両販売業者については、仕入れた車両を仕入れ先から自分の会社まで移送したり、販売車両の車検を受けるためであったり、販売車両を登録するための回送にディーラーナンバーを使うのには問題がありません。
しかし、個人的な車検のために車を回送したり、廃車をする車を処分場まで運んだり、他社で販売した車両を移送するための使用は、本来の利用目的から外れています。また自分のディーラーナンバーを他人に又貸ししたり、管理を怠って紛失したりすることも禁じられています。
もしこのような使用が発覚すれば、違反行為としてペナルティが科されることとなります。

取り消しも…回送運行許可の罰則

では、違反にはどんな罰則が科されるのでしょうか?
罰則は、違反点数によって決まっています。
例えばディーラーナンバーを又貸しした場合、偶発的と見られる時は初違反で3点。計画性が見られたり、繰り返し行われている時には初違反が5点、再違反が7点、再々違反が9点の違反点数となります。
違反点数が1~3点 の場合は、文書による通告。 4~6点の場合は、ディーラーナンバーの1ヶ月利用停止と、1組の返納。 7~10点 では、2ヶ月の利用停止と、2割の返納。 11~14点では、3ヶ月の利用停止と、5割の返納。 15~19点になると、6ヶ月の利用停止と、全てのディーラーナンバーの返納。そして 20点で、許可取消となります。

せっかく取得したディーラーナンバー。不正使用で許可取り消しとなるのは、とても残念なことです。回送運行許可を受ける際には、その利用可能範囲をよく理解し、正しい使い方を徹底するようにしましょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!