陸運局で回送運行許可

白地に赤い枠が特徴的なナンバープレート、『ディーラーナンバー』。これは、ナンバープレートのない車を回送するのに使われる、特別なナンバーです。
車検切れの際に使用する『仮ナンバー』と似ていますが、一般の方が使うことはできません。車両の製造業や販売業、陸送業などの一部の業者にのみ許可されており、取得には専門の許可申請が必要です。
この許可申請を担当しているのが、全国各地にある陸運局(運輸局)です。
では、回送運行許可の申請は、どのように行えばよいのでしょうか?その流れを見ていきましょう。

まずはチェック!回送運行の許可要件

回送運行許可の申請をするため大切なのが、まず、取得の許可要件を満たしているかを確認することです。
回送運行の許可要件は、車両の販売業、製造業、陸送業、分解整備業のそれぞれに定められています。また、全国一律の基準ではなく、陸運局ごとに異なっています。確認の際には、自分の事業所を管轄する陸運局のものを参照し、要件をクリアしているかをチェックしましょう。
許可要件を満たしていたら、それを証明するための書類を揃えます。
書類が揃ったら、足りないものはないか、本当に基準を満たしているかなどを確かめるため、一度陸運局に出向くと良いかもしれません。また、陸運局によっては、事前の要件確認や面談が必須の場合もあるようです。

申請から許可が下りるまで

必要書類を準備したら、回送運行許可の申請書を作成し、陸運局の窓口で申し込みをしましょう。審査ののち、内容に問題がなければ取得許可が下ります。この際、陸運局によっては実地調査が行われることもありますので、確認してみると良いでしょう。申請から許可までの期間は、通常一か月ほどです。
許可が下りたらもう一度陸運局に出向き、回送運行許可の許可証を受け取りましょう。
また、実際に使用するディーラーナンバープレートの貸し出しや、自賠責保険の加入手続きなども忘れずに行うことが必要です。

困ったら申請代行を

『許可要件をクリアしているのか、自分では判断がつかない』
『法的な手続きが苦手で、一人でやる自信がない』
『業務が忙しく、書類を取りに行く時間がない』
という方でも、諦めることはありません。
回送運行許可の取得は、法律事務所などに申請代行を頼むことも可能です。興味のある方は、まずはお近くの事務所に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!