九州運輸局の回送運行許可

ディーラーナンバーを取得するためにクリアしなければならない『許可要件』。そこには、『全国一律基準ではなく、管轄の陸運局によって異なる』という特徴があります。
では、福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島の7件を管轄する『九州運輸支局』の管内では、どんな許可要件が定められているのでしょうか?

九州運輸支局の許可要件~制作業~

ディーラーナンバーの許可要件は、車両の制作業、販売業、陸送業、分解整備業のそれぞれに決められています。
まず、車両制作業の要件を見てみましょう。
九州運輸支局管内での車両制作業の許可要件は、『許可申請を行った日の直前3か月において、一か月平均の車両製作台数が5両以上あること』です。

九州運輸支局の許可要件~販売業~

次に、車両の販売業を見てみましょう。
車両の販売業の要件は、新車の場合と、中古車の場合に分かれています。
新車販売の許可要件は、『許可申請を行った日の直前3か月において、一か月平均の自動車販売実績が5両以上あること』。
一方、中古車販売の要件は、『許可申請を行った日の直前3か月において、一か月平均の自動車販売実績が10両以上あること』となります。
中古車の場合は、新車に比べて二倍の販売実績をクリアしなければいけません。

九州運輸支局の許可要件~陸送業と分解整備業~

続いて、陸送業はどうでしょうか。
九州運輸支局管内における陸送業の許可要件は、『陸送業務に直接従事する運転者が、常時10名以上いること』と、『車両の製作業者、または販売業者と3年以上の回送委託契約を結んでいること』です。ただし、貨物運送事業者、貨物利用運送事業、港湾運送業者の場合は、運転者が5名以上いれば問題ありません。
最後に、分解整備業です。
分解整備業の許可要件は、『許可申請を行った日の直前一年間で、臨時運行許可(仮ナンバー)を使用しての運行実績が7両以上あること』です。

いかがでしょうか?九州地方でディーラーナンバーを取得される方は、ぜひ参考にしてみてください。
『もっと詳しく知りたい』
『うちの会社が基準に合うか分からない』
という方は、お近くの陸運支局や、回送運行許可の申請代行を行っている法律事務所などに問い合わせるのが良いでしょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!