宮崎県の回送運行許可

『車両回送に掛かる経費を節約したい』
『仮ナンバーを借りたり返したりする時間が惜しい』
『自社保有のローダーを処分して、保管スペースを有効活用したい』…
そんな方におすすめなのが、『ディーラーナンバー(回送運行許可)』を取得すること。
これはナンバープレートのない車を回送するのに使われる特殊なナンバーで、車両の販売業、製造業、陸送業、分解整備業の業者の間で使用されています。

地域で異なる許可要件

ディーラーナンバーを使用するには、決められた許可要件を満たした上で、管轄の陸運局で許可申請を行わなくてはなりません。ですが、この要件は全国どこでも同じではなく、陸運局によって異なっています。
では、宮崎県を管轄する九州運輸支局では、どんな許可要件が定められているのでしょうか?その内容を見てみましょう。

宮崎県の許可要件

まず、車両製作業です。
車両製作業の許可要件は、『許可申請を行う直前3か月で、月平均の車両製作台数が5両以上あること』です。
次に、車両販売業です。
車両販売業の許可要件は、新車を扱っているか、中古車を扱っているかで台数が異なります。
新車の場合は、『許可申請の直前3か月で、月平均5両以上の販売実績があること』。
一方中古車の場合は、『許可申請の直前3か月で、月平均10両以上の販売実績があること』となります。
続いて陸送業と分解整備業です。
陸送業の主な許可要件は、『陸送業務に直接従事する運転者が、常に10名以上いること』。
また、分解整備業の要件は、『許可申請を行う直前1年間で、仮ナンバーを使って回送運行をした実績が7両以上あること』です。

『時間がない』『わからない』そんな時は?

しかし、法的な手続きは面倒なもの。興味はあっても、なかなか申請に踏み切れない…そんな方もいらっしゃるかもしれません。
『回送運行許可を取得したいけれど、手続きの仕方が良く分からない』
『仕事が忙しくて、必要書類を揃えている時間がない』…
そんな場合には、行政書士などに申請代行を頼んでみてはいかがでしょうか?
多少費用は掛かりますが、自分で行うよりも確実でスピーディー。おまけに書類を準備したり、役所に行ったりする手間や時間も節約できて、多忙な事業主の方にはぴったりです。
今は様々な法律事務所が、回送運行許可の申請代行を請け負っています。費用やサービス内容も多種多様ですので、まずは申請代行のサイトを見比べるところから始めてみると良いかもしれません。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!