『ユーザー車検』どんな人におすすめ?

車検とは、車が国の決めた保安基準に適合しているか調べる検査のこと。新車の場合は3年に一度、それ以外の車は2年に一度実施され、すべての自動車は車検を受けなくてはなりません。もしこれに通らなければ、その車は公道を走ることはできなくなります。

ところで、一口に車検といっても、その方法はさまざまです。自動車を買ったディーラーに頼む『ディーラー車検』や、車検の専門業者に依頼する『フランチャイズ車検』。あるいは民間の整備工場や、カー用品店に頼む場合もあるでしょう。また、最近ではガソリンスタンドなどでも、車検を受けられるところが増えてきました。

ユーザー車検とは

その中でも、もっとも基本的な車検の方法が、『ユーザー車検』です。ユーザー車検とは、車の所有者が自分で検査場に車を持ち込み、車検を受けるというものです。書類の用意や手続き、実際の検査まで自分で行う分、手間や時間はかかりますが、費用が安く済むというメリットがあります。

では、ユーザー車検はどのような人に向いているのでしょうか?

まず第一に、『車検の費用を抑えたい人』です。同じ検査をした場合、かかった費用を比較すると、ユーザー車検とディーラー車検では6万円もの差があるとの例もあります。また、ユーザー車検ならば業者への『代行手数料』(1万円~3万円程度)も節約できます。

『手間がかかっても良いから、できるだけ車検にお金を使いたくない』

という方は、ユーザー車検を検討してみるのが良いかもしれません。

車に詳しく整備ができる人向け

また、ある程度車に詳しく整備ができる人や、平日の昼間に時間があり、自分で運輸支局や検査場へ出向くことが可能な方にも向いていると言えるでしょう。

ただし、もし車検が切れていたら、その車に乗って検査場へ行くことはできません。車検切れの車を運転すれば『無車検車運行』となり、30万円以下の罰金や半年以下の懲役といった罰則の対象となってしまいます。

車検切れの車を動かす際には『仮ナンバー』を借り、それを使って回送するようにしましょう。仮ナンバーは、全国の市町村役場で申請することができます。また、車検切れの自動車をロープなどで牽引して運ぶことは、道路交通法違反に当たります。そのようなことは行わず、必ず仮ナンバーを使うようにしましょう。

大切な車検。費用や状況を考慮して、自分に合った方法を選びたいですね。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!