いつからできた?車の『車検』

『自動車検査登録制度』通称『車検』。すべての車は一定期間ごとに車検を義務づけられており、それに合格しない車両に乗ることはできません。この『車検』はいつからある制度なのでしょうか?

車検制度の歴史

車検が生まれたのは、1930年のこと。バスやタクシーなどの安全確保のために定められたものでしたが、当時は義務ではありませんでした。その後1951年に義務化され、1973年には軽自動車もその対象となっています。

車検の内容は、自動車性能の向上や公害対策など、時代に合わせて変化していっています。例えば1982年には、それまで2年間だった新車の車検有効期限が、3年に延長されました。また、1995年には半年ごとの点検義務が廃止され、12か月や24か月ごとの法定点検の検査項目が削減されるなどしています。

車検の種類

車検の種類は、大きく分けて4つあります。

一つ目は、『新規検査』。二つ目は、『予備検査』。三つめが、『構造等変更検査』。4つ目が、『継続検査』です。

一般的に『車検』と呼んでいるのはこの『継続検査』のことで、新規検査と予備検査は、主に車両製造業や販売業など、専門業者が行います。また。『構造等変更検査』は、車両の大きさや重量、乗車の定員や原動機の型式などに変更があった時にする検査です。

仮に継続検査を忘れ、車検が切れてしまったら、再度車検を受ける必要があります。方法にはいろいろありますが、最も基本的なのが、ユーザーが自分で検査場に車を持ち込む『ユーザー車検』というものです。

ただしこの時、車検が切れた車を運転していってしまうと『無車検運行』となり、違反点数6点に加え、半年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金の罪に問われてしまいます。

このようなことにならないよう、車検切れの車を動かす際には必ず『仮ナンバー(自動車臨時運行許可番号標)』を借り、それを使って運転するようにしましょう。仮ナンバーは、全国の市町村役場で借りることができます。

また、この仮ナンバーとよく似た外見や機能を持つものに『ディーラーナンバー』があります。しかしこれは車両の販売業や陸送業など、特定の業者にのみ使用が許されており、取得には専門の許可申請が必要です。申請すれば誰でも借りられる仮ナンバーとは別のものですので、混同しないように注意しましょう。

自動車の健康診断ともいえる、車検。うっかり忘れることのないよう、有効期限は早めの確認を心がけたいですね。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!