どうするの?中古車のナンバー取得

中古車を手に入れた場合、どのような手続きをすればよいのでしょうか?

まずしなくてはならないのが、『名義変更』という手続きです。これは自動車の名義を、以前の持ち主から現在の所有者に変えるためのもので、正式には『移転登録』と呼ばれています。

中古車を買った場合の移転登録

名義変更の手続きは、車の持ち主が変わってから15日以内に、新しい所有者の管轄の陸運局で行わなくてはなりません。もし名義変更をしないままにすると、自動車税や自賠責保険料の支払いなどでトラブルになる可能性があります。特に知人からの譲渡など、

「親しい間柄だから、そのままで大丈夫」

と放っておくと、大ごとになってしまうかもしれません。中古車を手に入れたら、名義変更は必ず速やかに済ませるようにしましょう。

また、県をまたいだ中古車の売買など、自動車を管轄する運輸支局がこれまでと変わる場合には、ナンバープレートも変更しなくてはなりません。その際には、申請用紙、車検証、自動車税申告書、印鑑などの必要書類を用意し、管轄の運輸支局で手続きをしましょう。

この時に気を付けなくてはならないのが、元のナンバープレートの扱いです。

車のナンバープレートは個人の持ち物ではなく、運輸支局から『借りている』ものです。そのため、新しいナンバープレートを取得するときには、基本的に元のプレートは外して返納しなくてはなりません。(盗難や紛失など、返納できない時には、そのわけを記した『理由書』が必要となります)

「このナンバープレートはもういらないから」

ナンバープレートは勝手に譲渡できない

と、勝手に廃棄したり、無断で他人に譲渡したりすることのないようにしましょう。

また、同じ管轄内でも、ユーザーの希望によって新しいナンバーを取得することも可能です。ただし、人気のナンバーは抽選となり、希望通りのナンバーにできないこともあります。抽選が外れた場合に備えて、いくつか候補を用意しておくと良いかもしれません。

また、車検切れや登録抹消の中古車など、ナンバープレートそのものがない場合には、新たに車両登録をしなくてはなりません。その際は市町村役場で仮ナンバーを取得し、車検場に車を持っていくようにしましょう。

中古車を購入した際には、まずは名義変更です。必要な際には、その後でナンバープレートも変更するようにしましょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!