どうなる!?無車検運行

車検が切れた状態の車で公道を走ることは、道路運送車両法によって禁止されています。もし走行すれば『無車検車運行』という罪に問われ、半年以下の懲役、もしくは30万円以下の罰金を取られてしまいます。

また、車検が切れている場合、車両にかけられた自賠責保険も期限切れのことが少なくありません。このような際には『無保険車運行』となり、前述の罰則に加えて、一年以下の懲役、または50万円以下の罰金を科されることとなります。

初犯の場合は罰金刑で済むことが多いと言いますが、無車検運行の期間が長かったり、回数が多くなれば、刑事裁判になる可能性もゼロではありません。また、過去に無車検運行や無保険車運行の前科があるなど、違反が悪質とみられる場合は実刑判決を受けることもあります。

車検が切れた車に乗るためには?

では、車検が切れてしまった車に再び乗るためには、どうしたら良いのでしょうか?

自分で再度車検を受けるには、車検場へ車を持っていく必要があります。その際は、最寄りの市町村役場で『仮ナンバー』を借り、それを使って車を運転するようにしましょう。

仮ナンバーは、申請すれば当日その場で借りることができます。ただし貸し出しは最大3日程度で、基本的には最低限必要な日数しか借りることはできません。また、申請した経路や目的以外で使うことは禁じられていますので、違反することのないよう注意するようにしましょう。

車検の代行業者が頼める

自分で車検場へ行くことが難しい場合には、車検の代行業者などを頼むという方法もあります。現在はいろいろな業者があり、サービス内容や料金もさまざまです。自分の予算と目的に合うよう、よく比較検討して選ぶのが良いでしょう。

車検が切れている車を故意に運行すれば、厳しい処罰に問われることとなります。それだけではなく、もし無車検、無保険車で事故を起こせば、多額の補償金を全額自己負担しなくてはならないかもしれません。

『車検が切れても、少しくらいは大丈夫だろう』

『警察にばれなければ別に良いだろう』

と軽い気持ちで運転することは、絶対にしないようにしましょう。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!