どう違う?車の『車両番号』と『車台番号』

自動車に大切なものの一つが、車の『車両番号』です。車両番号とは、個体識別のために車両の外側に添付されるナンバーのこと。自動車のほか、鉄道車両などにも使用されており、自動車の場合は通称『ナンバープレート』と呼ばれています。

車の車両番号は、正式には『自動車登録番号標』と『車両番号標』の二種類に分けることができます。普通自動車や小型自動車など、運輸支局に登録された車につけるのが『自動車登録番号標』。登録の必要がない、軽自動車や二輪車などにつけるのが『車両番号標』です。

車両番号標=ナンバープレート

これらのナンバープレートには、『地名』や『分類番号』、『ひらがな』などといった情報が記されており、色やデザインによってそれがどんな車なのか、一目で分かるようになっています。また、通常登録に使われているナンバープレート以外にも、登録抹消や車検の有効期限切れの車を回送するための、『仮ナンバー』や『ディーラーナンバー』といった少し特殊なナンバーも存在します。

ところで、自動車には『車両番号』のほかに、『車台番号』というものがあります。『車台番号』とは、その車両に固有の識別番号のこと。別名『車体番号』や『フレームナンバー』とも呼ばれています。通常は数桁から十数桁のアルファベットと数字の組み合わせでできており、輸入車の場合は17桁の『車両識別番号』がこれにあたります。

車台番号=シャシーナンバー

この車台番号は、車一台に対し一つしかありません。たとえ持ち主が変わったとしても、車自体がスクラップ処分となり、解体されてなくなるまで変更することはありません。ナンバープレートが車の『身分証明書』だとすると、車台番号はいわば、車両の『戸籍』と言えるでしょう。ただし、窃盗などによって車の車台番号部分が故意に破損させられたり、事故などでフレームそのものを交換した場合には、例外的に運輸支局の『職権打刻』によって変更することがあります。

また、自動車のメーカーと運輸支局以外が車台番号を打刻することは禁じられています。もしそれ以外の方が車台番号を移植したり、勝手に改ざんしたりすれば道路運送車両法違反に問われることになってしまいます。

車の『車両番号』と『車台番号』。似通っていてややこしいですが、それぞれ別のものです。車両登録や自動車保険の申し込みなどで記入を求められた際には、間違えないように注意しましょう。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!