どう選ぶ?車の車検

すべての車は、新車であれば3年に一度、それ以外なら2年に一度の車検を受けなくてはなりません。自動車を安全に運転するために車検は欠かせません。しかし、一口に車検といっても、様々な種類があります。では、自分に合った車検を選ぶには、どうしたら良いのでしょうか?

車検の種類と違い

車検には、大きく分けて『ディーラー車検』、『車検の専門業者による車検』、『民間の整備工場による車検』、『ユーザー車検』の4種類があります。また、最近ではカー用品店やガソリンスタンドでも、手軽に車検を受けられることが増えてきました。

では、これらの車検はどう違うのでしょうか?

まず、『ディーラー車検』です。ディーラー車検とは、車を買ったディーラーで車検をしてもらうことを言います。車のメーカーと直接つながりがあるので信頼性が高く、交換に使う部品なども純正品で、質の高い点検整備を受けることができます。ただし、その分料金は割高で、費用を抑えたい人にはあまり向きません。

次に、『車検の専門業者による車検』です。これは、車検専門のフランチャイズ業者による車検です。値段が明確なので安心感があり、均一なサービスを受けることができます。また、幅広い車種に対応しており、検査にスピード感があることも特長です。

次に、『民間の整備工場による車検』です。これは、街中にある民間の自動車整備工場による車検のことです。

このような工場には、『指定工場(民間車検場)』と『認証工場』の二種類があります。指定工場には検査ラインがあるので、自社で点検整備と車検の両方を行うことができます。しかし認証工場の場合は、自社でできるのは点検整備のみで、車検は他の検査場に持ち込まなくてはなりません。

この車検には、『ディーラーに頼むよりも低価格で、高品質な点検整備が受けられる』というメリットがあります。ただし、整備工場によって設備や品質に大きな差があり、どこに頼んでも安心、というわけではありません。また、工場によっては、最新のコンピューター制御には対応できないこともあります。

最後に、『ユーザー車検』です。ユーザー車検とは、車のユーザーが自分で車検を行うことを言います。書類の準備や手続きなどをすべて自分でやるため、手間や時間はかかりますが、他に比べて費用を大幅に節約できるというメリットがあります。

車検切れには仮ナンバーが必要

ユーザー車検を受けるには、車を自分で検査場に持ち込まなくてはなりません。ただし、車検が切れている車を運転すると『無車検車運行』となってしまいます。その場合は市町村役場で『仮ナンバー』を取得し、それを使うようにしましょう。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!