どんな時必要?車のナンバー変更

車のナンバープレートは車両の所有者が誰なのかを明確にするほか、税金の課税漏れを防いだり、車の盗難防止のためにも重要なアイテムです。もし、登録抹消や車検切れなどでナンバープレートがなかったり、無効になっている場合には、車は公道を走ることができません。そのような車両を移動させる際には、市町村役場で発行している仮ナンバーが必要です。

また、車両の販売業、陸送業、製造業など、車両の回送運行を日常的に行う業者に限っては、『ディーラーナンバー』という専用のナンバーの使用が許可されています。これはナンバープレートのない車でも道路を走行できるようにする特殊なナンバーで、使用するには必要な要件を満たしたうえで、管轄の陸運局による許可申請を受ける必要があります。

ナンバープレートの変更

ところで、引っ越しなどによって持ち主の住所が変わった場合には、ナンバープレートも変更しなくてはなりません。車のナンバーは地域によって異なっているので、今までとは違う運輸支局の管轄内に移った時には、登録内容を変えなくてはならないのです。

(ちなみに同じ管轄内で引っ越しをした際には、ナンバープレートはそのままで、住所変更の手続きのみが必要となります)

では、ナンバープレート変更の手続きは、どのようにすれば良いのでしょうか?

変更手続の必要書類

変更の手続きは、住所が変わってから15日以内に、管轄の運輸支局で行わなくてはなりません。必要な書類は、おおむね以下の通りです。

1.申請書(運輸局の用紙販売所で入手できます)

2.手数料納付書(運輸局の用紙販売所で入手できます)

3.住民票(3か月以内発行のもの)

4.自動車税の申告書(陸運局敷地内にある税事務所で入手できます)
5.車検証
6.印鑑
7.車庫証明(新住所で1か月以内発行のもの)
8.今までのナンバープレート(手続き後に返納となります)

9.委任状(代理人が手続きを行う場合。本人の場合は不要)

そのほか、必要なものは地域によって異なるときもあるので、念のため事前に問い合わせてみるのがおすすめです。

また、ナンバープレートそのものの変更をする場合は、『古いナンバープレートを新しいものに付け替え、封印してもらう』という作業が必要になります。プレートのつけ外しには工具が入り用ですので、あらかじめ持参するのが良いでしょう。

大切なナンバープレート。変更の手続きは忘れることなく、引っ越し後速やかに行うようにしましょう。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!