忘れずしよう!自動車の『登録変更』

世の中には、自家用や事業用を始め、様々な自動車があります。この自動車を使用するには、決められた登録手続きを行い、自動車のナンバープレートを取得しなくてはなりません。

また、自動車を所有している方が、

『引っ越して、住所が変わった』
『結婚したので、姓が変更になった』

などという場合には、自動車の登録内容の変更手続きをする必要があります。

では、自動車の登録変更手続きをするには、どうしたら良いのでしょうか?

自動車の登録変更

登録変更の手続きは、新しく自動車を使用することになった本拠地を管轄している運輸局や、運輸支局等で行います。もし、自分の管轄の運輸局が分からない場合には、インターネットなどで簡単に調べることもできます。

自動車の所有者と使用者が同一の場合、必要な書類は以下の通りです。

1.住民票(三か月以内に発行されたもの)

2.委任状(所有者本人が申請をする場合には不要。ただし、認め印を持参すること)

3.車検証

4.車庫証明書(一か月以内に発行されたもの)

5.手数料の納付書

6.自動車税・自動車取得税の申告書

7.変更の申請書(管轄の運輸支局で発行するもの)

このうち、『住民票の住所』が『車検証に記載された住所』と異なっている場合には、『車検証の住所から、現住所までの移動の流れ』を示さなくてはなりません。複数回の転居を繰り返している方は、それらの確認のできる複数枚の住民票や、戸籍謄本の附票を用意しておく必要があります。

氏名が変わった場合は戸籍謄本

また、車検証に記載されている氏名も変更する場合は、これに加えて戸籍謄本(三か月以内に発行されたもの)が必要となります。結婚や離婚などで姓が変わった方は、戸籍謄本も忘れずに準備しておきましょう。

これらの変更手続きにかかる費用は、手数料350円、申請用紙代100円、ナンバープレート代が1500円程度です。ただし、地域や運輸局によって差がありますので、念のため事前に確認しておくのが良いでしょう。

また、自分で手続きをするのが面倒な方は、専門の業者に変更依頼をすることも可能です。その場合、

1.住民票(三か月以内に発行されたもの)

2.委任状(所有者の認め印を押してあるもの)

3.車検証

4.車庫証明書(一か月以内に発行されたもの)

の4点の書類を準備し、変更手続きをお願いするようにしましょう。

大切な自動車の登録変更手続き。もし結婚や引っ越しで住所や氏名が変わったら、速やかに行うようにしたいものです。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!