無車検の車、罰則は?

車を安全に運転するために欠かせない、車検。すべての車には、数年ごとの車検が義務付けられています。

しかし車検には、お金も時間もかかるもの。

『今年は車検だから、面倒くさい…』
『車検をしなくちゃならなくて、気が重い…』

という方も、多いのではないでしょうか。中にはひょっとして、

『忙しくて車を車検に出すのを延ばしているうちに、うっかり車検が切れてしまった』

なんてこともあるかもしれません。

では、車検が切れたときは、いったいどうなるのでしょうか?

車検が切れたらどうなるのか?

もし、車検をしないままの車で公道を走った場合、道路交通法違反で罰せられることになります。

その際の刑罰は、『6か月以下の懲役か、罰金30万円以下』と、『罰則6点』。車検に加えて自賠責保険も切れていた場合では、『90日間の免許停止と1年6か月以下の懲役、または80万円以下の罰金』。それに『罰則6点』が加わります。

つまり、車検切れの車を運転して捕まった時には、最大で『罰則12点』、『罰金80万円』を支払わなくてはなりません。これは、自分で車検切れに気づいていたとしても、気づいていなかったとしても同じです。

また、もしも車検切れの車で事故を起こしてしまうと、さらに重い罪に問われることになります。そればかりでなく、任意保険や自賠責保険が適用されず、補償金を自分で負担しなくてはなりません。

『少しぐらいなら大丈夫だろう』

と車検切れの車を運転することは、絶対にやめた方がよいでしょう。

車検が切れた場合は仮ナンバー

もし車検が切れてしまった場合には、最寄りの市町村役場で『仮ナンバー』を借り、車を車検場まで運ぶようにしましょう。

仮ナンバーとは、自動車を臨時に運行させることのできるナンバープレートで、車検切れなど限られた場合にのみ使用が許可されています。有効期間は最大で5日間ですが、使用の前日か当日にしか借りることができませんので、注意が必要です。また、申請した経路以外には使えないほか、使用後は速やかに返却しなくてはなりません。

業者によっては仮ナンバーの取得を代行したり、自宅まで出張して車検をしてくれるところもありますので、調べてみると良いでしょう。

ただし、車検が切れてから時間が経ちすぎている場合には、自動車税などの手続きをしてからでないと、新たな車検が受けられないこともあります。

面倒に思いがちな車検ですが、期限が切れるともっと面倒な事態になってしまいます。車検や自賠責保険の有効期限は必ず確認し、早め早めに行動するのがおすすめです。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!