見かけたらラッキー?『れ』ナンバーのレンタカー

日常の様々な場面で行われている、車の回送。

この回送を専門にするのが、車両回送業者です。現在は社有車の回送やマイカー回送、福祉車両の回送など、いろいろなシーンで、このような車両回送業者が活躍しています。

車両回送業者とは何か?

車両回送業者が行うサービスの一つに、レンタカー回送があります。

レンタカー回送とは、レンタカーを利用するお客様や、レンタカー業者を対象にした車両回送のこと。利用者へのレンタカーの配車や引き取りはもちろん、乗り捨てられたレンタカーの回収や、店舗間でのレンタカー輸送、あるいはリースアップ車両のオークション会場への搬入なども、このレンタカー回送のサービス内容です。

ところで、レンタカーといえば、頭文字にひらがなの『わ』が書かれたナンバープレートがついているもの。レンタカーは『わ』ナンバー、とお思いの方も多いことでしょう。

しかし、実はレンタカーには『れ』ナンバーが存在することを、ご存知でしょうか?

レンタカーの「れ」ナンバーとは何か?

この『れ』ナンバーのレンタカーが走っているのは、日本で二か所だけ。どういう因果か最南端と最北端、北海道と沖縄です。これまでは北海道にしかありませんでしたが、今年の2月から、沖縄でも交付されるようになりました。

では、なぜ北海道と沖縄にだけ、『れ』ナンバーが存在するのでしょうか?

そもそも道路運送車両法では、貸与(レンタカー)用のナンバーは、『わ』か『れ』と決められています。特にどちらを優先させなければならない、という順序はないのですが、実際に交付が始まった際、ほとんどの都道府県が選んだのは『わ』ナンバーの方。『れ』を使うことを決めたのは、北海道だけでした。

最初のうちは『れ』ナンバーを交付していた北海道ですが、次第に全国に合わせて『わ』ナンバーを使うようになっていきます。そのため、現在では北海道でも、『れ』ナンバーのレンタカーを見かけることは珍しくなりました。

今回、沖縄で『れ』ナンバーが交付されるようになったのは、レンタカー台数の増加により、『わ』ナンバーの交付数が尽きてしまったため。この2月から、沖縄エリアにあるレンタカー会社約450社を対象に、順次交付の予定だといいます。

ただし、沖縄でも、主流はまだまだ『わ』ナンバー。沖縄のどこに『れ』ナンバーのレンタカーがあるのかは、行ってみなければわかりません。

レンタカーの『れ』にも通じる、レアなナンバーのレンタカー。見かけることができたら、ラッキーと言えるかもしれません。

沖縄旅行の際は、『れ』ナンバーの車を探してみてはいかがでしょうか?

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!