車やバイク…さまざまな車検の種類

車検が必要なのは自動車だけではありません。バイク(二輪車)もその対象となります。では、バイクの車検とは、一体どのようなものなのでしょうか?

車検が必要なバイク

一口にバイクといっても、どれでも同じわけではありません。道路運送車両法では、バイクは3つの種類に分けられています。
1つ目は、『小型二輪車』。排気量250㏄以上の二輪車のことで、『自動車』に分類されます。2つ目は、『軽二輪車』。排気量125㏄以上250㏄以下の二輪車がこれにあたります。3つ目は、原付(原動機付自転車)。二輪車で、排気量が125㏄以下のものをいいます。また、その中でも50㏄以下が『第一種原動機付自転車』、50㏄以上125㏄以下が『第二種原動機付自転車』と分けられています。

このうち、車検が必要なのは排気量250㏄を超える『小型二輪車』のみで、それ以下のものは車検の対象にはなりません。これは、軽二輪車が道路運送車両で『検査対象外軽自動車』とされているからです。また、排気量が125㏄以下の車両は『自動車』にあたらないため、原動機付自転車に車検の必要はありません。

小型二輪車を所有する場合、一般的な自動車と同様に初回は3年ごと、それ以降は2年に一度の継続検査を受けなくてはなりません。

バイクも継続検査を受ける

もし車検が切れてしまったら、そのバイクそのまま乗ることはせず、市町村役場で『仮ナンバー』を借りるようにしましょう。ただし、車検に加えて自賠責保険が切れている場合は、仮ナンバーを借りることができません。改めて加入が必要になりますので、注意しましょう。

またバイクの場合、自動車と違って仮ナンバーを借り出す人が少ないため、役所での手続きに手間取ったり、

『こちらの管轄ではない』
『バイクには仮ナンバーがない』

などと断られる、というケースもあるようです。心配な方は、事前に問い合わせをしてみるのが良いかもしれません。

また、整備工場などにトラックや回送用キャリーカーでの運搬を依頼したり、バイク車検の専門業者に代行を頼むのも良いでしょう。

自動車だけでなく、バイクユーザーにとっても大切な車検。忘れず、早めに行うようにしたいですね。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!