車検が切れた車、どうすればいい?

自動車に乗るうえで不可欠な『自動車検査』。自動車が保安基準に合っているかどうか調べるための検査であり、道路運送車両法によって定められています。自家用車の場合、新車は3年に1回、それ以外の車は2年に1回車検を受けなくてはなりません。

車検証の有効期限満了日の、一か月前から可能な車検。しかしひょっとしたら、

『うっかりしていて、車検が切れてしまった』
『忙しくて、期限までに車検を受けることができなかった』

車の車検が切れてしまったら、どうしたら良いのでしょうか?

車検が切れた車の再車検

車検が切れた車に再び乗るためには、車検を受けなおさなくてはなりません。しかし、車検証の有効期限が切れた車で、車検場まで行くことはできません。もし車検切れの状態で道路を走行すれば、道路運送車両法違反で罰せられ、一か月間の免許停止と半年以下の懲役、もしくは30万円以下の罰金を払うことになってしまいます。

そうならないために必要なのが、『仮ナンバー』です。仮ナンバーとは、正式名称を『自動車臨時運行許可証』といい、車検切れや登録抹消などの車を、検査場まで一時的に走行させるためのナンバーです。

回送運行許可番号標は有効期限や保険料、使用可能範囲が違う

似たものに『ディーラーナンバー(回送運行許可番号標)』がありますが、有効期限や保険料、使用可能範囲などの点で違いがあります。また、仮ナンバーは誰でも借りることができるのに対し、ディーラーナンバーの使用には許可申請が必要で、要件を満たした一部の業者しか使うことはできません。

では、仮ナンバーはどのようにして手に入れればよいのでしょうか?

仮ナンバーは、全国の市町村役場で借りることができます。仮ナンバーが必要な際は、窓口に行き、専用の申請書に住所、氏名、車台番号、運行目的、運行経路など必要事項を記入し、手数料ともとの車検証を添えて申し込みをします。この手数料は場所によって差がありますが、だいたい750円程度です。

また、仮ナンバーを使うには、有効期間内の自賠責保険に加入している必要があります。自賠責保険の証書も、忘れずに持っていくようにしましょう。もし保険が切れている場合には入りなおさなくてはならないので、注意が必要です。

また、仮ナンバーの取得や、車検を代行している業者もあります。

『車検が切れてしまったけれど、忙しくて自分で受けに行く時間がない』

という場合には、そのようなサービスを利用するのもよいでしょう。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!