車検を忘れた!どうすればいい?

自動車を安全・安心に保つために義務付けられているのが車検です。全ての自動車は2年に一度や3年に一度など、一定期間ごとに車検を受けることを定められており、それに通らなければ乗ることができません。

しかし、もし車検を忘れてしまったら、どのようにしたら良いのでしょうか?

車検を忘れたら?

車検が切れた車は、改めて車検を受け直さなくてはなりません。専門の業者に頼む、自分で行うなど方法はさまざまですが、もし自分で車検場に赴く場合には、注意しなくてならないことがあります。

それは、車検が切れた車には決してそのまま乗ってはならない、ということです。

車検切れの車を故意に運転すれば『無車検車運行』となり、違反点数6点、半年以下の懲役、もしくは30万円以下の罰金という罰を受けることになります。これは、前歴がなくても一度で免許停止になってしまう点数です。

また、自賠責保険も切れていた場合、罪はさらに重くなります。『無保険車運行』が加わるので違反点数は12店に増え、罰則は一年半以下の懲役、または80万円以下の罰金となります。これだけでも大変ですが、もしこの状態で事故など起こせば…賠償金が払えず、大ごとになるのは目に見えています。

『少しぐらいなら大丈夫だろう』
『警察に見つからなければ良いだろう』

という軽い気持ちで車検切れの車に乗ることは、決してお勧めできません。

車検切れの車を移動する時は仮ナンバー

もし車検切れの車を移動したい時には、『仮ナンバー』を借り、それを使って運転するようにしましょう。

『仮ナンバー』は車検切れや登録抹消などの車を動かすための特殊なナンバープレートで、全国の市町村役場で借りることができます。借りる際には運転免許証、印鑑、もとの車検証などを用意し、『自動車臨時運行許可申請書』に記入して、最寄りの市町村役場で手続きをしましょう。必要な手数料は750円程度です。また、自賠責保険に加入していない場合は貸与を受けることができません。もし切れていたら、あらかじめ加入しておくようにしましょう。

また、

『忙しくて、自分で車検に行く時間がない…』

『車検の手続きや書類が面倒臭い』

という方は、専門の業者に車検を依頼するという方法もあります。今はいろいろな業者がありますので、費用やサービス内容など、複数社を見比べて依頼先を決めるのが良いでしょう。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!