車検切れ、違反点数は?

車検の有効期限は車検証やステッカーに記してあり、期限の一か月前から受けることが可能です。しかし、『今は忙しいから、また今度』と伸ばし伸ばしにしているうちに期限が来てしまったり、うっかり期日を忘れてしまったりすることもあるかもしれません。
では、もし車検を切れた車を運転してしまったら、どのような罰を受けることになるのでしょうか?

車検切れで公道を走った場合

車検切れの車で公道を走った場合、『6か月以下の懲役、もしくは30万円以下の罰金』が科されることとなります。また、違反点数が6点となり、前歴がなくとも免許停止の処分を受けます。

車両の自賠責保険が切れている際には、さらに深刻です。罰則は『一年半以下の懲役、または80万円以下の罰金』となり、違反点数は12点です。それに加え、90日間の免許停止となり、前歴がある場合には免許取り消しになってしまう可能性もあります。それどころか、この状態で事故を起こせば保険がきかず、相手への賠償金が全額自己負担となってしまうかもしれません。

『少しくらいなら大丈夫だろう』という甘い考えで車検切れの車に乗ることは、避けた方が賢明です。
では、車検切れの車を動かしたい場合には、どうしたら良いのでしょうか?その方法の一つが、『仮ナンバー』をつけることです。

仮ナンバーの正式名称は自動車臨時運行許可証

仮ナンバーは、正式名称を『自動車臨時運行許可証』といい、管轄の市町村役場で借りることができます。

仮ナンバーを使用したいときには、運転免許証、自賠責保険証(有効期限内のもの)、印鑑、車検証などの必要書類を用意し、申請書と手数料とともに役場の担当窓口に提出します。

問題がなければその場で借りることができますが、使うことができるのは最長5日間で、基本的には必要最小限の日数しか貸与されません。期日が過ぎれば仮ナンバーは無効となり、車検切れの扱いとなってしまうので、注意が必要です。また、期限がきたら速やかに返却しなくてはなりません。

この『仮ナンバー』とよく似た性質のものに、『ディーラーナンバー(回送運行許可番号標)』があります。仮ナンバーは誰でも借りることができますが、こちらは車両の製造業や陸送業、販売業など特定の業者にしか許可されない特殊なナンバーです。間違えやすいので、混同することのないように気を付けたいですね。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!