車検切れのディーラーナンバー

自動車を安全に保つため、一定期間ごとに義務付けられている車検。しかし、
『普段車に乗らないので、うっかり車検を忘れてしまった』
『忙しくしているうちに、車検の期限が過ぎてしまった』
そんなこともあるかもしれません。
車検が切れた車は、再び車検を受けなくては乗ることができません。再車検は自動車ディーラーや専門の業者に頼むことも可能ですが、自分で車検場に赴く場合には、『仮ナンバー』を使う必要があります。

『仮ナンバー』使用するには?

仮ナンバーとは、車検の切れた車を動かすことのできる、特殊なナンバープレートです。使う際には最寄りの市町村役場に行き、申請書に自分の住所、氏名、車台番号、運行の目的や運行経路、運行期間などを記入し、車検証とともに提出します。内容に問題がなければ当日その場で借りることができますが、有効期限は最大5日間で、使用後はすみやかに返納しなければなりません。また、申請をした以外の経路や目的以外での使用や運行は禁止されています。

『仮ナンバー』と『ディーラーナンバー』との違いは?

この仮ナンバーと似たものに、『ディーラーナンバー』があります。正式には『回送運行許可番号標』といい、仮ナンバーと同じく車検切れや登録抹消などの車を回送することのできるナンバープレートです。
ディーラーナンバーには、『有効期限が最長5年間』『車両保険料が一組につき一台分』『業務上必要な回送であれば、使用目的や経路が限られない』など、仮ナンバーとは異なる特長が多くあります。
ただし、仮ナンバーとは違い、申し込めば誰でも使えるわけではありません。対象は車両の販売業、製造業、陸送業、分解整備業の業者に限られており、定められた許可要件を満たした上で、陸運局に許可申請をする必要があります。

『ディーラーナンバー』を取得するには

では、ディーラーナンバーを取得するには、どうしたら良いのでしょうか?
『回送運行許可を受けたいけれど、うちの会社でも可能かどうか分からない』
『法的な手続きが苦手で、自分で申請をする自信がない』
『仕事が忙しくて、必要な書類を揃える時間が作れない』
そんな方は、行政書士など、法律の専門家に代行依頼をしてみるのも良いかもしれません。ある程度の手数料は掛かりますが、自分でやるより遥かに早く確実に、申請の手続きをすることが可能です。
現在は全国各地に、回送運行許可の申請代行を請け負っている法律事務所が多くあります。回送運行許可の取得について迷っていたり、不安や疑問を抱えている方は、まずはお近くの法律事務所に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!