車検切れの車を動かすには?

自動車を安全に運転するための検査であり、数年ごとに欠かせない車検。しかし時には、

『うっかり車検を切らせてしまった…』

などという時もあるかもしれません。

では、そんな場合はどうすれば良いのでしょうか?

車検の切れた車を動かすには自動車臨時運行許可

車検の切れた車を運転するには、再び車検を受ける必要があります。しかしもちろん、車検切れの車で公道を走ることはできません。そんな時、車を車検場まで運ぶために必要となるのが、『仮ナンバー』です。

仮ナンバーは正式には『自動車臨時運行許可証』といい、全国の市町村役場で借りることができます。仮ナンバーが使えるのは、

『車検切れの車を車検場や整備工場まで運搬する』

など例外的な場合のみで、それ以外の用途に使用することはできません。もし私的な用途など、不正に利用したことが発覚すれば、罰金などの処罰を受けることとなります。

仮ナンバーを借りるときには、最寄りの市町村役場に出向き、申請をしなくてはなりません。申請の際は役所で発行している申請書に必要事項を記入し、車検証(期限切れのもの)を添えて申し込みます。また、期間内に有効な自賠責保険の証書提出も求められます。必要な手数料は役場によって異なりますが、だいたい750円前後となっています。

仮ナンバーの有効期限は、最大で5日間です。貸し出しの手続きができるのは使用の当日か前日で、使用後は速やかに返却しなくてはなりません。また、申請書に記した使用目的や経路、運行期間以外に使うことはできないので、そのようなことのないよう注意が必要です。

仮ナンバーとよく似た回送運行許可番号標

また、この仮ナンバーとよく似たものに、『ディーラーナンバー』があります。

ディーラーナンバーとは、ナンバープレートのない車を走行させることのできる特殊なナンバーで、正式には『回送運行許可番号標』といいます。

使用には許可申請が必要ですが、一般の方が申請をすることはできません。ディーラーナンバーの許可申請は、車両の販売業、陸送業、製造業、分解整備業の中で、許可要件を満たした業者にのみ認められています。

似通った機能を持つ『仮ナンバー』と『ディーラーナンバー』ですが、ディーラーナンバーには『有効期限が長い』『使用範囲が限定されない』などの特長があり、業者にとってのメリットが多くあります。

車検切れの車を動かす場合、一般の方は『仮ナンバー』の使用で十分ですが、業務の上で日常的に車両を回送する必要がある業者の方は、『ディーラーナンバー』を取得するのがおすすめです。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!