どんなところで活躍?陸送業の回送運行

ディーラーナンバー』。正式には『回送運行許可番号標』といい、仮ナンバーと似ていますが、『有効期限が長い』『コストが安い』などの特長があり、使用するには陸運局で許可申請を受けなくてはなりません。以前は車両の販売、製作、陸送業者だけがその対象でしたが、平成27年3月末から、車両の分解整備業者も、ディーラーナンバーの許可申請ができるようになりました。

もうひとつ、ディーラーナンバーの使用が認められている業種の一つが、陸送業です。

陸送業の回送運行許可

陸送業とは、他人から委託を受け、指示された場所に人やモノを運ぶ仕事のこと。

一般に『陸送』というと、荷物を運ぶ運輸業や運送業、あるいは鉄道やバスといった交通機関を担っているイメージが強いかもしれません。しかし、車両そのものをある場所から別の場所へ移動させる『回送』も、陸送業の業務の一部。そんな時に使用されるのが、ディーラーナンバーなのです。

では、どのような現場で、ディーラーナンバーが使われているのでしょうか?

その一つが、レンタカー車両の回送です。

レンタカー回送とは、レンタカーを店舗から店舗へ移動させたり、顧客のもとに配車・引き取りなどをする回送のこと。また、県外に乗り捨てられたレンタカーを回収したり、レンタアップになった車両をオークション会場に運んだりするのも、レンタカー回送の一部です。

レンタカーには通常、『わ』や『れ』といった専用のナンバーがついていますが、時にはナンバープレートのないレンタカーを運搬しなくてはならないことも。そのような際に活躍するのが、ディーラーナンバーなのです。

また、車両回送の対象となるのは、レンタカーだけではありません。陸送業者が、一般車両の回送を請け負う時もあります。

その例が、社有車やマイカーの回送です。

車両回送を専門にしている陸送業者も多い

社有車の回送とは、企業の保有している車を営業所の中で移動したり、出張先に運ぶための回送のこと。また、一般家庭で不要になったマイカーを顧客のもとから引き取ったり、中古車を車検や修理のために運搬するといったサービスもあります。

また、大型の建設産業機械や福祉車両など、特殊な車両の回送を専門にしている陸送業者も珍しくありません。

車両の回送運行にかかわる業種の一つ、陸送業。そのさまざまな現場で、ディーラーナンバーが活躍しているのです。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!