「ディーラーナンバー」と「仮ナンバー」はどう違うのですか?

車検切れや登録抹消など、ナンバープレートのない車でも道路を走行させることができる、『ディーラーナンバー』。正式名を『回送運行許可番号標』といい、中古車販売業や陸送業など、特定の業者の間で使用されている、特殊なナンバーです。

このディーラーナンバーによく似たものに、『仮ナンバー』があります。一般の人でも借りることができるので、車検切れなどの際に使用したことがある方もいらっしゃるかもしれません。

では、ディーラーナンバーと仮ナンバーは、何が違うのでしょうか?

一つ目の違いは、管轄です。

仮ナンバーを発行・管理しているのは、各地の市町村役場。一方、ディーラーナンバーを管轄しているのは、全国の陸運局です。また、仮ナンバーは役所に行けば誰でも借りることができますが、ディーラーナンバーを使用するには、定められた要件を満たしたうえで申請をし、許可を受けなくてはなりません。

二つ目の違いは、有効期限です。

仮ナンバーの有効期限は、最大5日間。貸与申請ができるのは基本的に使用する当日で、有効期限を過ぎると、速やかに返却しなくてはなりません。一方、ディーラーナンバーの有効期限は、最長で5年間。一度取得すれば、いちいち陸運局まで出向くこともなく、手元で使い続けることができます。

三つ目の違いは、使用目的です。

仮ナンバーは基本的に、

『ナンバーがない自動車の検査や登録のために、陸運支局まで出向く』

ことを目的として貸与されるもの。それ以外のために使用することは禁止されており、走行ルートも申請した範囲に限られています。ナンバープレートがなくて困っているからと言って、個人的な目的で仮ナンバーを使うことはできません。

一方、ディーラーナンバーの使用範囲は、

『業務上必要な回送』

の全て。製作した車両を納品する、仕入れをした中古車をオークション会場から自社に運ぶ、販売した顧客のもとに車両を納める、など、さまざまなシーンで活躍しています。

四つ目の違いは、保険料です。

仮ナンバーを使った場合、車両保険料は一台ごとに掛かります。しかしディーラーナンバーの場合、『一組につき一台分』しか必要ありません。つまり、同じディーラーナンバーを使って何台車両を回送しても、保険料は一台分で済んでしまうのです。

似ていますが、違いも多い『仮ナンバー』と『ディーラーナンバー』。

中でも大きいのが、有効期限の長さと、コストの差です。

車両回送を日常的に行う業者なら、仮ナンバーを使い続けるよりも、ディーラーナンバーを取得するのがおすすめと言えるでしょう。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバーは手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!