『仮ナンバー』と『ディーラーナンバー』の取得方法は?

回答 
すべての自動車は一定期間ごとの車検を義務付けられており、もしこれが切れてしまったら、再度受けなおさなくてはなりません。

この時、車検切れの車を動かすために必要となるのが、『仮ナンバー』です。仮ナンバーとは、車検切れや登録抹消など、ナンバープレートのない車でも一時的に公道を走らせることのできる特殊なナンバーです。では、どうして仮ナンバーがいるのでしょうか?

車検が切れた車をそのまま運転すると、『無車検車運行』となり、半年以下の懲役や30万円以下の罰金といった処罰を受けることとなります。また、車検に加えて自賠責保険の有効期限も切れていた場合には、『無保険車運行』となり、さらに重い罪に問われます。そのため、再車検の際には『仮ナンバー』を借り、それを使って車を回送する必要があるのです。

ところで、この『仮ナンバー』とよく似たものに、『ディーラーナンバー』があります。これは正式名称を『回送運行許可番号標』といい、自動車の販売業や陸送業など、特定の業者の間で使用されています。

仮ナンバーと同じく、ナンバープレートのない車を走らせるために使われる『ディーラーナンバー』ですが、その内容には大きな違いがあります。その差異を、取得方法の点から見てみましょう。

まず、仮ナンバーです。仮ナンバーは、全国の市区町村役場で借りることができます。基本的に誰でも申請が可能で、内容に問題がなければ当日その場で貸与を受けられます。ただし有効期限は最大3日間程度で、最低限の日数しか借り出すことはできません。また、使用後は速やかに返却する必要があります。

それに対しディーラーナンバーは、全国の運輸局が管轄しています。使用の対象となるのは『車両の販売業、製造業、陸送業、分解整備業』の4つの業者のみで、一般の方が取得することはできません。また、申請には定められた許可要件を満たす必要があります。申請が通るまでには一か月程度の時間がかかりますが、一度許可を受けてしまえば、いちいち返却することなく、手元で保管・管理することが可能です。

一般の方には必要のないディーラーナンバーですが、頻繁に車両を回送する業者にとっては、コストや手間の面で大きなメリットがあります。

『業務のために月に何度も仮ナンバーを借りる』

『仮ナンバーの貸与にかかる手数料や保険料を減らしたい』

という業者の方は、許可基準を確認して新日本総合事務所に申込みましょう。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!