『臨時運行許可番号標』とは何ですか?

回答 
自動車に欠かせないナンバープレート。普通自動車や軽自動車に使われているもののほかに、普段はあまり見かけることのない、少し変わったナンバープレートも存在します。

その一つが、『臨時運行許可番号標』です。

『臨時運行許可番号標』とは、いわゆる『仮ナンバー』のこと。

『車の車検が切れてしまった』

『ナンバープレートが盗難に遭った』

『ナンバープレートが破損してしまった』

など特定の場合に限り、車両を一時的に走行させることのできるナンバーです。

この仮ナンバーを取り扱っているのは、全国の市町村役場です。仮ナンバーが必要なときは、臨時運行許可番号標の申請書、自賠責保険証、車検証(または登録抹消証明書か、登録事項等証明書)、印鑑(認め印)、運転免許証を用意して、最寄りの市町村役場窓口に申請しましょう。申請用紙は窓口でもらえるほか、役場のホームページからダウンロードすることも可能なようです。

誰でも借りられる仮ナンバーですが、申請をする際にはいくつか注意をすることがあります。

まず、申請が可能な日です。

仮ナンバーの申請ができるのは、車を動かす当日・もしくは前日です。あらかじめ借りておいて数日後に使う、というようなことはできません。

二つ目に、有効期間です。

仮ナンバーの有効期限は、最大3日程度です。期限が切れた仮ナンバーは、無効となります。有効期間が過ぎたら、速やかに返却するようにしましょう。

三つめに、用途です。

仮ナンバーの申請の際には、車の走行経路を示す必要があります。提示した経路以外の道を走ったり、本来の目的以外の用途に使用することは禁じられています。もちろん、仮ナンバーを複数の車両に流用したり、私的に使うなどの違法行為は認められません。もしこのようなことをすれば、罰則を受けることになります。

最後に、保険です。

仮ナンバーを借りるには、自賠責保険に加入している必要があります。もし保険の有効期間が切れている時には、申請をすることができません。そのような場合は、仮ナンバーの貸与期間中、新たに自賠責保険をかけるようにしましょう。

また、この『臨時運行許可番号標』とよく似たものに、『回送運行許可番号標』があります。これは通称『ディーラーナンバー』や『赤枠ナンバー』とも呼ばれ、回送運行を行う業者の間で使われているナンバーです。コストや手間の面で仮ナンバーよりメリットが大きいので、陸送業や車両販売業、車両製造業の方は取得を検討されるのがおすすめです。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!