ディーラーナンバーって、どれぐらいお得なんですか?

登録を抹消された中古車の運搬や、レンタカーの回送、あるいはまだナンバープレートのついていない新車を移動させるときなど、さまざまな場面で使われている『ディーラーナンバー(正式名:回送運行許可番号標)』。別名『デラバン』や『赤枠ナンバー』とも呼ばれ、ナンバープレートのない車両を走行させることができる特殊なナンバーです。

これとよく似ているのが、市町村役場で借りることのできる『仮ナンバー』。誰でも貸与が可能なので、車検切れの際など、一般の方でも目にしたことがあるかもしれません。

しかしディーラーナンバーには、仮ナンバーにはない利点が多くあります。

その一つが、維持にかかるコストの安さです。

では、仮ナンバーに比べて、ディーラーナンバーはどれぐらいお得なのでしょうか?

具体的に見てみましょう。

仮ナンバーの場合、使用できるのは、『一台につき一度』だけ。

貸与するための手数料は一回700円程度で、それに加え、車両保険料も必要です。車両保険の金額は、最低でも5日間で5200円。つまり、仮ナンバーを『一度』使用するたびに、700円+5200円、合計で5900円の経費が必要となります。

一方、ディーラーナンバーにかかる手数料(※番号標一組当たりの証紙代)は、一年で24600円。月額にすると、2050円です。

また、ディーラーナンバーの場合、車両保険料は『番号標一組につき一台分』しか必要ありません。そのため、何台にディーラーナンバーを使用したとしても、車両保険料は年間で13000円程度で済んでしまいます。

つまり、ディーラーナンバーに必要な経費は、最低でも『24600円+13000円=37600円』。月々換算で、わずか3100円です。

これだけでも、仮ナンバーよりディーラーナンバーの方が圧倒的にお得なことがよく分かります。

更に、削減できるコストはそれだけではありません。

ディーラナンバーを取得すれば、自走で車両の輸送ができるため、専門の業者に陸送を委託したり、自社でローダーやキャリーカーなどを保有する必要がなくなります。そのため、委託にかかる費用や、ローダーの維持に必要な経費を節約することが可能になるのです。

実際に、

ディーラーナンバーを使うようになって、経費が減った』

『余計な手間がなくなり、会社の利益が増えた』

という方も少なくありません。

従来は車両の製作、陸送、販売の業者にのみ許可されていたディーラーナンバーですが、平成27年3月30日より、分解整備業でも取得申請が可能となりました。

メリットがたくさんのディーラーナンバー。この機会に、ぜひ取得を検討してみてはいかがでしょうか?

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバーは手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!