ディーラーナンバーに関係する『行政書士』って、どんな仕事なんですか?

ディーラーナンバーを使用するためには、必要な要件を満たしたうえで管轄の陸運局に申請をし、許可を受ける必要があります。

しかし、このような法的な手続きは煩雑で、一般の方には分からないことも多いもの。また、忙しい業務の合間を縫って資料を集め、役所に通うのも大きな手間となってしまいます。

そんな時、当事者の代わりに必要な書類を作成し、申請の代行を行ってくれるのが『行政書士』です。

では、行政書士とは、どのようなものなのでしょうか?

行政書士の仕事は、簡単に言うと、

『他人の代わりに公的な書類を作成すること』。

具体的には、役所に申請するための許認可などの申請書類の作成や提出手続きや、遺言書などの権利義務、事実証明や契約書の作成を行っています。また、これ以外にも自動車関連や会社の設立、医療品の製造や特許の申請、飲食店の営業許可など、手掛けることのできる法的書類は多岐に渡っています。

そのため、ひとくちに行政書士と言っても、

『誰に頼んでも同じ』

とは限りません。

業務の対象範囲が広い行政書士は、通常その中でいくつかの専門分野を絞り、業務にあたるのが一般的です。そのため、個々の行政書士や事務所によって、得意とする分野に違いが出てくるのです。

ディーラーナンバーの申請は、行政書士の業務のうち、『許認可申請』と呼ばれるものにあたります。回送運行許可の申請代行を依頼するときは、この許認可申請業務、特にディーラーナンバーに関する許認可申請に実績のある行政書士事務所を選ぶのが良いでしょう。

また、依頼に掛かる費用にも違いがあります。

行政書士の業務報酬は一律ではなく、それぞれの事務所や行政書士が独自に定めています。そのため、同じ業務を依頼しても、費用が同額とは限りません。依頼を受ける事務所や行政書士個人によって、金額に大きな差が生じてくるのです。

同じ業務を頼むなら、『仕事が確実で、早く、しかも安い』ところに依頼するのが良いのは言うまでもありません。回送運行許可の申請代行依頼を考える際には、経験年数や実績の多い行政書士事務所に決めるのが間違いありません。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバーは手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!