ディーラーナンバーのメリットは業務効率アップって本当ですか?

本当です。中古車販売業や車両回送サービス業、陸送業などの業者の間で使われている、『ディーラーナンバー』。車両の販売、製作、陸送に関わる業者など、『車両の回送』を日常的に行う人々だけが使用することのできる、特別なナンバーです。

使用するには許可申請が必要ですが、

『ぜひ取得したい』

という業者は、後を絶ちません。

では、このディーラーナンバーには、どのようなメリットがあるのでしょうか?そのひとつが、『有効期限が長いこと』です。

ディーラーナンバーと似たものに、『仮ナンバー』があります。仮ナンバーとは、車検切れなどでナンバープレートのない車を対象に、役所で貸与している特殊なナンバーのこと。この仮ナンバーをつければ、ナンバーのない車でも、一時的に道路を走行させることができます。

しかし、仮ナンバーの有効期限はごく短く、わずか3日。また、使用用途も限られており、事前に申請をしたルート以外を走らせることはできません。

そのため、車両の回送に仮ナンバーを使用している業者は、そのたびにいちいち役所に行き、仮ナンバーを借り出したり、返却したりする必要がありました。

年に一度や二度ならともかく、毎月に数度とあっては、その手間に費やす時間は大きく、業務の負担となります。また、仮ナンバーの貸与にかかる手数料や車両保険料も、馬鹿にすることはできません。

一方、ディーラーナンバーの有効期限は、最大で5年間。仮ナンバーとは違い、一度取得すれば、そのたびに取りに行くような手間はありません。余計な時間が短縮できるので仕事に集中でき、その分業務効率を上げることが可能です。

また、コストの面でも、大きなメリットがあります。

まず、保険料です。

ディーラーナンバーの保険料は、『一枚(一組)につき一台』で計算されます。そのため、ディーラーナンバーを使って車を10台回送しようが、20台回送しようが、保険料は一台分で済んでしまい、大きなコスト削減になります。

次に、回送車両にかかる費用です。

ディーラーナンバーを持たない業者は、車両の回送に際して仮ナンバーを借りるか、自社で回送用のローダーを保有するか、専門の陸送業者に回送を依頼しなくてはなりません。

自社保有の場合はローダーの維持費が、依頼する場合は依頼料が必要ですが、どちらも少なくはない金額です。

しかし、ディーラーナンバーがあれば自分でで回送ができるため、ローダーを保有したり他社に依頼したりする必要がなく、その分の費用を減らすことができるのです。

車両回送を行う業者にとって、さまざまなメリットがあるディーラーナンバー。ぜひ一度、取得を検討してみてはいかがでしょうか?

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバーは手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!