ディーラーナンバーの取得はどんな人におすすめですか?

自動車販売業や陸送業、製作業などを行う人々の間で、取得が進んでいる『回送運行許可番号標』、通称『ディーラーナンバー』。中でも中古車販売業者の中では、ディーラーナンバーの許可申請を受ける人が増えています。

しかし中には、

ディーラーナンバーについてよく知らない』

『聞いたことはあるけれど、どんなメリットがあるのか分からない』

という人もいるかもしれません。

では、ディーラーナンバーを取得した方が良い人とは、どのような人なのでしょうか?

まず、日常の業務の中で頻繁に車両の回送運行を行う人は、ディーラーナンバーの取得を検討して損はありません。特に、月に平均10台以上の車両販売実績があり、

『回送に必要な仮ナンバーの手数料がかさんで、困っている』

『いちいち仮ナンバーを取りに役所に行く手間が面倒臭い』

という方にはおすすめです。

ディーラーナンバーは、仮ナンバーとは違い、一度取得してしまえば、いちいち借りたり返したりする手間がかかりません。有効期限は最長5年間で、使用方法や許可要件に問題がなければ、更新手続きをすることが可能です。

また、コストの面でも、大きなメリットがあります。

仮ナンバーの貸与に関わる手数料は、一回につき約750円。加えて、車両一台につき最低5250円の保険料がかかります。つまり、一台6000円弱。月に10台回送したとしても、約6万円の経費になります。

これに対し、ディーラーナンバーの手数料は、一年に24600円。車両保険料は『ディーラーナンバー一組につき一台分』しかかからないため、年間でも13000円です。これらを合わせても、経費は年間で37,600円。ひと月あたり、なんと3,000円ちょっとの費用で済んでしまうのです。

『興味はあるけれど、うちの会社でも許可を受けられるのか分からない』

『許可申請の手続きや、書類を揃えるのが難しそう』

という場合でも、心配は無用です。

ディーラーナンバーの許可申請手続きは、全国各地にある行政書士などによる代行が可能です。法律の専門家が行うため、手続きもスムーズで、時間もかかりません。また、忙しい業務の合間に、何度も陸運局に通う煩わしさもありません。

『専門家に依頼すると、高額な費用がかかるのでは?』

『自分でもできる手続きを、お金を払って頼むのは馬鹿らしい』

そう思われるかもしれません。

しかし、申請代行の費用は、大体4万円から10万円程度。仮ナンバーやローダー保有にかかるコストを考えると、申請代行を依頼しても十分元を取ることができます。

また、法的な手続きは詳しくない人には難しいことも多く、書類不備で申請が通らないなど、かえって多くの時間と手間がかかってしまう場合があります。

『会社の経費を削減して、利益を上げたい』

『無駄な業務を減らして、仕事をやりやすくしたい』

そんな方は、是非一度ディーラーナンバー取得を考えてみてはいかがでしょうか?

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバーは手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!