ディーラーナンバーを管轄する『運輸局』って何ですか?

回答 
この『ディーラーナンバー』を管轄しているのが、全国の陸運局です。ディーラーナンバーを使用するためには、管轄の陸運局に申請を出し、許可をもらわなくてはなりません。

では、陸運局とは、なんなのでしょうか?

実は現在、『陸運局』というものは、正式には存在しません。

かつて国土交通省が運輸省だった頃、『地方陸運局』とその下部組織だった『陸運支局』、ならびに『陸運事務所』は、総称して『陸運局』と呼ばれていました。

その後運輸省が国土交通省に代わり、昔の『陸運局』は『地方運輸局』とその下部組織である『運輸支局』、『自動車検査登録事務所』、『海事事務所』に変更しました。しかしその名称だけは残り、一般的には『陸運局』の通称が使われているのです。

では、『地方運輸局』、『運輸支局』、『自動車検査登録事務所』、『海事事務所』とは、それぞれどのようなところなのでしょうか?

『地方運輸局』の本局は、北海道から九州まで全国10か所にあります。その役割は広域的・基本的な公共交通計画を定めたり、鉄道や自動車、海事関係の安全確保に関する業務を行うことで、国際観光や広域観光の企画立案も担っています。

その下部組織である『運輸支局』は、全国に52か所あります。

地方運輸局の本局が交通全体に対する業務を司っているのに対し、運輸支局の役割は、地方における交通や、現場の細かい業務を監督することです。具体的には自動車の監査や検査、海事関係の安全確保に関する業務などを行っており、船舶の検査や登録、海技の資格や船員の労務関係の手続きも担当しています。

その更に下にあるのが、『自動車検査登録事務所』と『海事事務所』です。

『自動車検査登録事務所』は、その名の通り、自動車の検査や登録を行うところです。全国に36か所あり、自動車の検査や登録のニーズが特に大きい地域に設置されています。

また、『海事事務所』は全国に19か所あり、大きな港や造船所が集まっている地域など、海事の需要が多い場所での現場業務を担当しています。

このうち、実際にディーラーナンバーを管轄しているのは全国の『運輸支局』です。回送運行の許可申請に関して疑問などがある際には、管轄の運輸支局に問い合わせをするようにしましょう。
 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバー
は手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!