ナンバーケースは業者には必須ですか!?

中古車販売業者や陸送業者などの間で取得されている、『ディーラーナンバー』。許可申請に時間と手間がかかるものの、仮ナンバーよりも利便性が高く、コストの面でも大きなメリットがあるという特長があります。

実は業者の間で、このディーラーナンバーを入れる『ナンバーケース』が存在することをご存じでしょうか?

ナンバーケースとは、いわばパスケースのようにナンバープレートを収納できる、丈夫なポーチのこと。前面が透明になっているので、取り出さなくてもナンバーを確認できるほか、自賠責保険証や許可証など、関連書類一式をまとめておくことが可能です。トラックの幌やシートなどと同じ素材で作られているため、頑丈で耐久性に優れており、長い間使ってもぼろぼろになることがありません。また、付属のポケットにねじや工具、ペンなどの小物を収納することもできます。

多くの業者の間で使われているこのような『ナンバーケース』ですが、残念ながら今のところ市販されてはおらず、振興組合の商工会や売店でも販売はしていないようです。必要な場合は、それぞれの業者が取引のある会社などに発注し、独自で作っていることが多いとのこと。とある陸送業者が自社用に製作したものをインターネット販売していますが、数量限定であり、定期生産されているわけではありません。そのため、

『あのディーラーさんが使っているケースが欲しいけど、どこに売っているんだろう?』

と、頭を悩ませている業者の方もいらっしゃるようです。

大きな会社ならともかく、個人の業者がオリジナル品を個別発注するのは、お金も時間もかかって大変なもの。ディーラーナンバーや仮ナンバー用の『ナンバーケース』、業者の間ではひそかに商品化が待たれているのではないでしょうか?

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもディーラーナンバーは手に入りません!

回送運行許可申請書類作成お申し込み
デラバン
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可
申請書作成サービスをご利用ください!